MacBookAirのファンが鳴り止まないのはEl Capitan+AdobeCCのせいかも

CCLibrary

ここ最近で私のMacBookAirのファンがずっと回りっぱなしで、動作もクソ重くこれはそろそろいっちゃったかなぁと思っていたのですが、アクティビティモニタを見てみるとCPUを90%以上も使っているアプリケーションを見つけました。

アクティビティモニタはMac標準のアプリですが、LaunchPadで言えば『その他』のなかに入ってます。起動させると現在のCPUの使用率なんて解っちゃうのですが、その結果がこちら

アクティビティモニタ

  • CCXProcess:96.9%
  • CCLibrary:96.9%

いやいや2つで100超えちゃってますやん(笑)そりゃファンが回りっぱなしになるわって事で一応終了していいのかどうかをWebで調べてみると終了させても問題ないとのことなので2つを終了させるとまもなくファンの回転は止まり、元の快適なMacBookAirに戻りました。

私は一度終了させた後に再び勝手に起動されていませんが、このCCXProcessとCCLibraryは暫くすると勝手に動き出すらしい厄介な代物なのです。とは言えAdobeもこの不具合は把握しているようなので当面はアップデートされるまでファンが回りだしたら終了を繰り返そうかな。

ただそれがもし1分毎に起こるとすれば掘っておくわけにも行きません。その場合は

内容を見てみると『Creative Cloud デスクトップアプリケーションを一時的にアンインストールする』のだそうです。その後の追加に『ご利用の各製品を起動後、ヘルプメニューからアップデートを行っていただくことで問題を回避することが可能』とも書かれています。

まぁ取り敢えずCreative Cloud デスクトップアプリケーションを削除しておいてもいいかもしれませんね。ただその場合修正版が来ても通知されないのでわかりませんが(笑)

よっぽどウザいと思われる方は上記をご検討下さい!

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。

投稿者:

AKIRA MINAMI

WEB制作・App開発、その他デザイン関連をしています。楽しいことが大好きで遊びとサイトを融合させるよう日々精進しています。広告プロモーションも行なっております。興味がある方は気軽にご連絡下さい。