【Mavericks】マルチディスプレイが大幅改善

Marvericksのここが変わるということで、今回はマルチディスプレイについて取り上げてみます。

普段MacBookを使っていても自宅では外部ディスプレイにつなげているという方も多いですよね。その時に外部+Macbookの2画面で作業すれば非常に捗るわけですが、現在気になるところが多々ありまして、それがMarvericksでは改善されるのです。

Marvericks マルチディスプレイの進化

スクリーンショット 2013 08 27 14 48 46

これまでマルチディスプレイで作業を行っていてフルスクリーン対応のAppをフルスクリーン表示した時にそのアプリを開いている画面でフルスクリーンになり、もう一方では何も表示されないという問題がありました。

まぁ勿体ない話ですよね。何のためのマルチディスプレイなんだか

そこでこれまでフルスクリーンであまりアプリを起動させなかったわけなんですが、コード書くCODAのようなアプリやライティングで使うByWordなんかだとフルスクリーンで表示させたほうが良い場合が多いのです。

次期OSXのMarvericksではそこが改善されるというのが、実は私にとっては一番うれしい改善かもしれません。

メニューバーがすべての画面に

スクリーンショット 2013 08 27 15 03 14

またメニューバーもこれまではメインの画面でしか表示されないので、わざわざマウスで移動させてなんて面倒極まりない状態、それを克服しようとSecondbarを入れてメニューバーをマルチで表示させたものの、Photoshopなんかでは結構な割合でバグるんですよね。

この問題も次期OSXのMarvericksでは、マルチディスプレイ時に全ての画面でメニューバーが表示されるので完全に解消されることになります。いや〜ありがたい。

 

他にもミッションコントロールの改善やAirPlayの改善もありますが、上記2つだけでMarvericksにアップデートする価値は十分にあると思います。

他の機能についても今後更新・解説していきます!

投稿者:

AKIRA MINAMI

WEB制作・App開発、その他デザイン関連をしています。楽しいことが大好きで遊びとサイトを融合させるよう日々精進しています。広告プロモーションも行なっております。興味がある方は気軽にご連絡下さい。