無料Mac用クリーニングソフト『MacClean』の使い方

SPONSORED LINK

Macclean レビュー

Mac内には使っているとアプリ削除後の不要ファイルやインターネットのキャッシュ等が溜まり動作が遅くなってしまいます。これでも幾つか紹介してきましたが、今回は無料で使えるクリーニングアプリケーションの『MacClean』を使ってみたので効果と使い方などをレビューしてみます。

MacCleanの使い方

MacCleanで検出・削除できるものとは

起動時の画面

まずどのような不要ファイルを検出し削除できるのかという点ですが

  • インターネットジャンク:クッキー、履歴等
  • ユーザージャンク:キャッシュ・ログファイル等
  • システムジャンク:システムキャッシュ・不要ログファイル等
  • アプリケーションジャンク:削除されたアプリの残骸

このようにMac内溜まる不要物を簡単に除去出来るものと考えて下さい。

自動検出

不要ファイル検出

右下のアイコンをクリックすると不要ファイルの検出が始まります。私は定期的にクリーニングしてたせいか検出時間は数分程度でした。ただMac購入から一度も何もしていないという方は少し時間がかかるかもしれませんね。

検出結果とファイルの確認

検出結果

自動検出が終わると結果が表示されます。この時点ではまだ削除されていません。この時にゴミ箱に一旦入れるか完全に削除するかを選ぶことが出来ます。

また内容の部分をクリックすることで削除するファイルを1つ1つ表示させる事ができます。

ファイルの確認

内容を確認して必要な物が混ざっていないかを確認できるのはいいですね。必要な場合はチェックを外せばOKです。

不要ファイル削除と結果

不要ファイル削除と結果

先日のYosemiteアップデート前にクリーニングしているにも関わらずたったこれだけ不要ファイルを1.2GBも削除することが出来ました。

使用感は面倒な手間は一切ないので便利ですね。

注意があるとすればSNSなどのログイン状態も全てログアウトした状態になります。当然EVERNOTEやPOCKETの拡張機能も同様です。

クリーニング前にログインID/PASSなどがしっかり確認出来る状態かは自身でチェックしておきましょう。まぁ削除項目から外せばいいだけなんですが、パスワード管理もこの機会に合わせてしておくといいですね。

MacCleanダンロードページ(無料)MacCleanダンロードページ(無料)

iMobile公式

まとめ

今回紹介したMacCleanは無料で利用できます。Mac用のお掃除アプリを導入していない方は試してみてはいかがでしょうか。また先日紹介したiPhoneのクリーニングアプリケーション『PhoneClean』も同じ会社の商品です。

iPhone内を手軽に大掃除『PhoneClean』を実際に使ってみたiPhone内を手軽に大掃除『PhoneClean』を実際に使ってみた

りんご人過去記事

こちらも定期的に使うことでかなりスッキリしますね。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。