iMac2015年モデルの発売で購入を検討するための参考記事

SPONSORED LINK

iMac 2015

いよいよ念願の21インチiMacにRetinaが搭載!27インチは5Kディスプレイと言う事で凄いですよね。

iMacの27インチRetinaを使ってる友人に聞くと「Retina使うと戻れない」なんて言ってましたからかなり物欲メーターを上げられます。

iMacの購入を検討する為の記事

Appleの公式サイトなんか見てたら即ポチっちゃいそうになりますよね(笑)でも数年前の円高時に比べて価格改正で若干の値上がり、そしてRetina搭載分の値上がりを考えると決して即決で買えるようなシロモノでもございません。

ということで色んな記事を見て21インチiMacの購入検討をしてみます。

Retina VS 非Retina

まず私が購入するとすれば1TBモデル。Retina版と非Retina版があります。どうせならRetina版ですがディスプレイの違いだけでなくスペックも確認してみると。

標準構成を見てみるとRetina版は3.1GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサに対し非Retina版は2.8GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサ

そして価格差はRetina¥172,800 (税別)に対し非Retina¥148,800 (税別)になってます。約2万5千円程度の差ならRetinaを購入したほうがいいですね。

参考:iTea4.0

1TBモデルのFusion DriveはSSD容量大幅削減

Fusion DriveはSSD+HDDの組み合わせなんですが、当然SSDの方は高速でアクセス出来ます。これまで全てのモデルがSSD128GBだったのですが、なんと2015年モデルは24GBと大幅に減少されています。

現在私はMacBookAirを使っているためフルSSDなんですよね。MacのHDDモデルは使ったことなくて友人に聞いてみると「そりゃSSDに慣れてたら遅く感じるよ!」

最新モデル購入して今よりも遅く感じるかもしれないなんて非常に厳しいですよね。

参考:GIZMODE

まとめ-でどうする?

21インチiMacのRetinaで決め打ちしたとして1TB(Fusion Drive)の価格(メモリ16GB)は208,800(税別)、同じ構成の2TBなら232,800(税別)になります。

では比較対象にもう一つMacBookPro13インチのSSD256GBのRetinaモデルをメモリ16GBで購入する場合の価格は196,800 (税別)…

また暫く悩みそうです。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。