iPhoneの間違いで削除した様々なファイルを復元できる『Dr.fone for iOS』

SPONSORED LINK

Dr.fone for iOS

普段の操作で間違えて消しちゃった様々なファイルを簡単な操作で復元してくれるのが『Dr.fone for iOS』

使ってみたらこれまで削除したデータが出てきて笑ってしまいました。実際過去のもの全てというわけではないですが便利です。

iPhoneを繋いでファイルを復元させる方法

iPhoneをつなぐ

インストール後起動させると復元方法の選択がありますが、まずはiPhoneを繋いで復元してみます。画面に「iOSデバイスをMacに接続して下さい」の表示が出ている状態で接続します。

直ぐにiPhone内のファイルの読み込みが始まります。

画像の復元

写真の一覧が出ますが、実際写真に関してはフォトストリームからでも復元は出来ますし間違いで両方削除しちゃうこともないと思うので表示だけで割愛します。

ただこのアプリの凄いところは

アプリ内写真の復元

iOSのカメラロールだけでなくEVERNOTEやINSTAGRAM等の写真も選択できちゃうのが凄いんです!

連絡先の復元

削除したものの必要だった連絡先は凄く助かりますね。オレンジで表示されている部分が過去に削除したものです。黒の部分は現在連絡先に残っているもの。

ただ過去にFacebookと連絡先を同期していた私は連絡先の数がえらいことになってました。

通話履歴

なんと!通話履歴も一覧で表示されちゃいます。私のように潔癖のかたはいいですが、問題がある方は要注意の機能ですね…

復元できるファイル

復元できるファイルをリストで書いてみると

  • 写真・ビデオ
    • カメラロール
    • フォトストリーム
    • 写真
    • ビデオ
  • メッセージ・通話履歴
    • メッセージ
    • 添付ファイル
    • 連絡先
    • 通話履歴
    • 留守番電話
    • WhatsApp
  • メモ・その他
    • メモ
    • カレンダー
    • リマインダー
    • ブックマーク
    • ボイスメモ
    • 文書ファイル

いろんなファイルをリカバリー出来ますね。

その他のリカバリー方法

上記ではiPhoneを接続して復元する方法を書きましたが『Dr.fone for iOS』では他にも2つの復元方法があります。

iTunesバックアップからの復元
[iTunesバックアップからの復元]

iCloudからの復元
[iCloudからの復元]

復元できるファイルの状況をみて試してみるといいですね。

まとめ

iOSの進化で今後ますます重要なファイルをスマホに入れて持ち歩くようになるかもしれません。

無くなったでは済まないファイルを持ち歩く事も出てくる可能性は高いですよね。そういう時の為にDropboxのようなクラウドサービスがあるわけなんですが、こういったアプリを1本入れておくと捗る気がします。

WondershareソフトウェアWondershareソフトウェア

Windows・Macで使える様々なアプリケーションが販売されています。

因みにこの『Dr.fone for iOS』はWindows版もありますよ!

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。