【El Capitan】アクセス権の検証/修復を探している方は安心してください!ないんですよ

SPONSORED LINK

ディスクユーティリティ

El Capitanにアップデートして一番戸惑ったのは『アクセス権の検証/修復』探しの方も多いのでは。でも安心してください!ないんです。

代わりに凄く見やすくなったディスクユーティリティについて書いておきます。

ディスクユーティリティ

見た目が大幅に変わりましたね。以前のものを思い返すとグッと見やすくなった気がします。これまでメニューバーのMacアイコンの『このMacについて』のストレージで表示されていたグラフがここにも採用されたようですね。

因みにMacアイコンの『このMacについて』も健在です。

アクセス権の検証/修復はどうなった

今回のEl Capitanからアクセス権の検証/修復はなくなったわけですが、これまでMacが重くなったりOSをアップデートした後は行っていたのでなんだか手持ち無沙汰といいますか、大丈夫?ってなりますよね。

このアクセス権の検証/修復は自動でMacが行うようになったということでわざわざユーザーが手動でする必要がないだけのようです。

因みにディスクユーティリティのメニューにある『First Aid』

Diskutility First Aid

早速実行してみましたがどうやらボリュームエラーのチェックで『ディスクの検証/修復』のようです。Yosemite以前では右下にあったやつですね。

まとめ

まぁぐうたらな私にはやることが減るのは大歓迎です。さらに視認性が良くなったのも大歓迎です。ただアクセス権の検証/修復をする必要が無くなった今、ディスクユーティリティを果たして起動させるのかが大きな疑問になりますが…

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。