iOS端末をMacのサブディスプレイに「Air Display 3」リリースでUSB接続サポート

SPONSORED LINK

Airdisplay3

iOS端末をMacのサブディスプレイ化するアプリで人気のAirDisplayにUSB接続対応した最新のバージョンAirDisplay3がリリースされました。

高機能なAirDisplayの使用感

私はもともとAirDisplayの一番初期のバージョンを購入し利用しています。これがなかなか使い勝手が良くてiPadは第3世代のものなのですがWi-fi接続で十分に使えます。

またミラー機能で打ち合わせ時に相手にiPadを渡せば自分のMacの操作を相手に見せることが出来るのが何気に便利なんですね。詳しくはフリーランスの話しのタネの方で書いています。

Air Display復活!MacBookAirとiPad第3世代で快適になったAir Display復活!MacBookAirとiPad第3世代で快適になった

参考:フリーランスの話しのタネ

USB接続をサポートした新バージョン

少し前にリリースされて話題になったDuet Displayですが、それよりもAirDisplay3は少々お高いんですね。でもそれ以上に高機能になっているようです。

「Air Display 3」では従来のWi-Fi接続以外にUSB接続もサポートされており、更に圧力感度が向上していて、感圧式のスタイラスペンを使用するか、指を使用して、PhotoshopやMotionのような感圧機能付きのMacアプリで描画したり色を塗ったりすることができるようになっています。
参考:気になる、記になる

これいいですね!サブディスプレイの他にタッチパッドとしても使えるのなら最強!?これは現在のものから乗り換えたくなる使用ですね。

Air Display 3 (USB + Wi-Fi)
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥1,500(記事公開時)

APP STORE

Airdisplay3

これがあるとさらに便利『Mountie』

これはMacにiPadをくっつけるアイテムなんですが、サブディスプレイとして利用するなら凄く便利そうですね。

Mountie

USB接続でもWi-fi接続でも使えますし、何より画面の高さを容易に合わせられるのが良い!高さがあってないと凄くストレスを感じますからね。

MountieMountie

公式ページ

まとめ

Mac+iPad持ちの方は凄く多いと思います。もう一台のディスプレイ購入はMacBookAirやProでも13インチを使っている方には必須かなとも思っています。まるで使い勝手が変わりますからね。

でも予算的にディスプレイ購入は難しいという方にはすごく便利なアプリだと思います。しかもタッチパッド的な使い方も出来るのなら一挙両得ですね。

近々私も購入してレビューしてみたいと思います。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。