Adobe Creative CloudアプリがMacの及ぼした不具合をチェックしてみた

SPONSORED LINK

Adobecc 不具合

Creative Cloudアプリv3.5.0.206で一部ファイルを勝手に削除しちゃうエラーを出し、現在は修正版のv3.5.1.209が出てますが、自動更新にしていた私もv3.5.0.206で勝手にファイルが削除されていたのかチェックしてみました。

不可視ファイルを表示させる

まずはターミナルを起動して以下のコマンドを入力します。

ターミナル

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles -boolean true
killall Finder

これで普段は表示されないファイルの確認も可能です。

データの確認

データ確認

Finderの移動からフォルダへ移動をクリックし『/』を入力します。

ファイルの確認

結果はこのようになりました。フォルダに進入禁止マークが入っているのものは今回の不具合では削除されません。しかし現時点でこの上にファイルがあったかどうかは判らないんですよね。そこでTimeMachineを使ってこれより上部に何かファイルが有ったかどうかを確認してみます。

TimeMachine

『.com.apple…』どうやらアップデート前にはこのファイルだけがあったようです。そのまま復元しちゃうのも一つの方法なんですが、もし不要なら今のままでもいいということで、これが何のファイルかをググってみました。

Google検索

どうやらバックアップを作成する際に必要なものらしいです。確かにTimeMachineが使えなかったような気がします。しかしその時に一旦外部HDDの関連付けを外してもう一度保存先指定をし直したので、それからは問題なく使えているので、当面は復元せずに済みそうです。

不可視ファイルを非表示に

最後にもう一度ターミナルを起動して不可視ファイルを見えなくしておきます。

defaults delete com.apple.finder AppleShowAllFiles
killall Finder

これでOKです。

まとめ

取り敢えず私は大した被害は受けませんでしたが、もしかしたら隠れて大事なファイルが消えている方もいるかもしれません。一度チェックしておくほうがいいですね。

私は簡略化して記事にしているので、参考にした記事を最後に紹介しておきます。

AppleちゃんねるAppleちゃんねる

AdobeCC不具合について参考にした記事

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。