時間を決めて行動する為のタイマー・リマインダー活用

SPONSORED LINK

タイマー・リマインダー活用方法

フリーランスの私は時間に縛られることなく作業ができるというメリットがある反面、気がつけばダラダラと1日が終わっていたなんてこともあります。そこで私は旨くメリハリをつけて生活するためにタイマーやリマインダーの使い方を日々考えています。

では時間を決めて行動するために活用しているタイマーとリマインダーの使い方についてまとめてみます。


おおまかなスケジュールを決める

まずは大体でいいので1日の生活スタイルを決めていきます。私はフリーになって5年になりますが大体このようなスタイルを心がけています。

  • 00:00〜 睡眠(6h)
  • 06:00〜 起床→Blog・Affiliate(4h)
  • 10:00〜 トレーニング・掃除(2h)
  • 12:00〜 昼食(1h)
  • 13:00〜 タスク・仕事(4h)
  • 17:00〜 フリー(1h)
  • 18:00〜 夕食(1h)
  • 19:00〜 タスク・仕事(2h)
  • 21:00〜 風呂
  • 22:00〜 フリー・タスク(2h)

あくまで大まかなというのがポイント。勿論計画通りにいかないことが多いですし、打ち合わせや飲み会等も入ってきます。そういう時はトレーニング・掃除の時間や19時からのタスクの時間を当てるようにしています。

逆に土日は家にいたら仕事をすることもありますが必ずするのは土曜の週次レビューだけ。あとは他にすることがなければといった感じです。

ではこのスケジュールを実際効率よくこなしていくためにリマインダーやタイマーの活用に移していきます。

リマインダーで習慣的な時間管理

実際リマインダーを使う時に上記のスケジュールの全てを通知させる方もいますが、縛りすぎると苦痛になります。上記のスケジュールで言うと昼食・仕事・夕食なんかは日常当たり前の行動なのでわざわざ通知させる必要はありません。

また風呂やフリーなんかは少々の時間のズレに拘る必要がないものなので通知させません。では何を通知させるのかというとこちら

リマインダー通知

取り敢えず習慣化したいことは確実に通知させるようにします。土曜日に行うGTDの週次レビュー、次の日の作業準備、トレーニングは自分が習慣的にやりたい事です。

また書籍『夢をかなえるゾウ』から参考にしたのが

  • 身なりを整える
  • 1日頑張った自分を褒める
  • 1日に感謝する

何気に自分の1日を始めるスタートの部分もフリーだとないがしろにしがちだったので子供が学校に出かける際に一緒に身なりを整えるようにしたり、一日の終りに振り返るような通知も入れました。日記と言っても箇条書きで思ったことを書く程度なんですが、意外と次の日へ意欲がつながるのでおすすめです。

このようにリマインダーを使って通知するのは当たり前にしたい事を設定するといいでしょう。

ポモドーロで仕事効率化

ポモドーロ

何度かブログの記事にしていますが私は仕事中にポモドーロテクニックを使って時間を区切って作業しています。

詳しくは過去記事:『ポモドーロ・テクニック』仕事時間を分割し集中力を上げる時間管理法を御覧ください。

『ポモドーロ・テクニック』仕事時間を分割し集中力を上げる時間管理法『ポモドーロ・テクニック』仕事時間を分割し集中力を上げる時間管理法
参考:りんご人過去記事

もちろん集中できる時間や休憩時間などは人によって違うと思うので25分の作業・5分の休憩にこだわる必要はないと思います。学生時代に50分の授業を集中できたという方は50分作業・10分休憩を1セットにしてみてもいいでしょう。

大事なのはタイマーを鳴らして確実に途中であっても手を止めると言う事。10分の休憩後スムーズに作業に戻れますよ。

タイマー・アラームで休憩をハック

目覚ましを使ってアラームを鳴らして朝起きるわけですが、意外と使われないのはタイマー。でも時間効率を上げるためにはタイマーを使うと便利です。

タイマー

タイマーといえばカップラーメンにしか使っていないという方もいると思いますが、休憩をコントロールするのに凄く役立ちます。

例えば

  • 昼寝の20分
  • Youtube動画視聴
  • ブログ記事の閲覧
  • 漫画・小説を読む
  • 外で体を動かす

休憩時間は何をしてもいいわけですし休日なら一日中してもいい事を書きましたが、それだけで使うのって勿体なくないですか?最悪なのは休憩時間を過ぎてもやめられないことです。

ある程度決まりを作ってタイマーをセットすることで休憩時間や休日を旨く使うようにしています。

まとめ

結局行動出来ないという方の殆どは始められない方なんです。リマインダーを使って行動のきっかけを作り、慣れてくればポモドーロを導入したり更には休憩をもタイマーで管理すればかなり捗ります。

もとろんロボットのように時間に縛られすぎる必要はありません。納期が迫ってるのに面白いYoutubeを見始めてしまった等のここぞという時にやってみてください。

iPhoneの標準リマインダーでも十分ですが私はDueというアプリを使っています。

Due 〜 リマインダー、タイマー、アラーム
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥500(記事公開時)

APP STORE
リマインダーアプリ『Due』の使い方と3つの活用法リマインダーアプリ『Due』の使い方と3つの活用法
参考:りんご人過去記事

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。