GTD愛好家の私がしているタスク管理とリマインダーの使い分け

SPONSORED LINK

タスク管理とリマインダー

このブログではOmnifocusを中心に多くのGTDに関する記事を書いています。先日問い合わせからタスク管理リマインダーの使い分けについて問い合わせがありましたので、私が使用しているアプリと共に使い分ける基準をまとめてみます。

タスク管理とリマインダーの明確な使い分け

GTDアプリを使っていると通知してくれますしリマインダー機能を備えていると言ってもいいですよね。ただ多くのGTD実践者がGTDアプリとリマインダーアプリの両方を使っているのは何故だか分かりますか?

まぁ一言で言えば

タスク管理は期限を通知しリマインダーは行動キッカケを通知する

これが私の考えです。この明確な基準において使い分けると非常にスッキリするのではないでしょうか。では実際にどのようにしているのかを使用アプリで解説してみます。

タスク管理は日々期限を設ける

タスクの管理

GTDの週次レビューですが、1週間に1度は翌週に行うタスクをどんどん期限をつけていく作業を行います。この期限を設けられたタスクリストがタスク管理です。

タスク管理ができていれば、まず『今日やること』が直ぐにわかります。迷わずにとにかく今日やることリストまずやってしまえばいいわけなので仕事の効率も上がります。

逆に今日やるべきことが終わってしまえばその日はダラダラしてもいいわけですし、今まで取り組めなかった新たなタスクに挑戦も出来ますね。

GTDというのはそのタスク管理において更に場所や人、使用物等をタグで追加しその状態にあった直ぐ出来るタスクを見つけやすくしたり、今すぐやるタスクだけでなく将来の目標やいつかやりたいこと・アイデアまでを一元管理する方法です。

私がタスク管理に使用しているアプリ

OmniFocus 2
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥4,800(記事公開時)

APP STORE
OmniFocus 2
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥4,800(記事公開時)

APP STORE

Thingsをメインで使っていた時もありましたが、今はOmnifocus2で落ち着いています。使い方は記事にしているので参考にしてみてください。

Omnifocus2 for Macの初期設定から基本的な使い方Omnifocus2 for Macの初期設定から基本的な使い方

参考:りんご人過去記事

7つの習慣+GTDをストレスフリーの整理術を元にしたOmniFocus整理法7つの習慣+GTDをストレスフリーの整理術を元にしたOmniFocus整理法

参考:フリーランスの話のタネ

いずれもOmnifocusだけでなくGTDの基礎的な感じで読んでいただけると思います。使用しているアプリに置き換えて読んでみてください。

習慣の行動キッカケはリマインダーで

リマインダー

リマインダーはアラームのような感覚で使っているわけですが、一日を幾つかのグループに分けて習慣的に行うタスクの行動キッカケに使っています。

例えば

  • 運動・トレーニングの開始
  • 1時間の休憩の開始
  • 仕事の開始時間10分前
  • 週一回の週次レビュー開始時間

ガッチリ組む必要は勿論ありません。ゆるくでいいんですがこの行動を開始するための通知はキッカケとしてなかなか優秀です。

また時間キッカケだけでなくMacやiPhoneの標準リマインダーなら場所による通知もしてくれます。例えば今すぐは必要ではないが今度購入したい物がある場合、それが売っているお店の近くに行ったら通知してくれると助かりますよね。

そういった今いる場所による通知も物凄く便利です。

私が使用しているリマインダーアプリ

Due — Reminders, Countdown Timers
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥1,200(記事公開時)

APP STORE
Due 〜 リマインダー、タイマー、アラーム
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥600(記事公開時)

APP STORE

まぁMac版は必要ないかなiPhoneで通知してくれるだけで十分ですよね。リマインダーはApple標準のものでも十分な気がしますが、細かな設定のしやすさでDueを使ってます。

ただ場所による通知には対応していないのでそちらは標準のリマインダーを使ってます。

リマインダー選びは曜日指定などの繰り返し通知が設定しやすいものを選ぶと捗りますよ。

リマインダーアプリ『Due』の使い方と3つの活用法リマインダーアプリ『Due』の使い方と3つの活用法

参考:りんご人過去記事

まとめ

実際はOmnifocusだけでも行動キッカケを基準で通知させるタスクを作成すればいいのですが、これは期限・これはスタートと分けるのが私は逆にストレスを感じたので別アプリにしました。

整理もややこしくなりますからね。タスクの管理とリマインダーの通知の違いを簡単にまとめてみましたが、それぞれのアプリの特徴を活かしているだけなんですね。

質問の答えになっているかどうかわかりませんが、私はこのように一元管理せず別アプリを使っています。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。