タスク管理を継続して行なう為にする3つの事

SPONSORED LINK

タスク管理継続

「GTD・タスク管理に挑戦したものの上手くいかない」そんな方は多いです。面倒だから続かないという方でも毎日タスク管理をしてしまう方法として3つの事をやれば継続できると思います。

では私が実際GTD・タスク管理が継続出来るようになった方法をまとめてみます。

STEP.1 メモの保存にも使用する

GTD的な発想で言えば全ての事柄を1箇所で管理出来たら確実にタスク管理を行っているアプリもしくはノートを開きますよね。

まず日々思いついたことや取引先に聞いた連絡先等も全てInboxに入れるようにしましょう。

これまでEVERNOTEに全て入れていたという方はEVERNOTEでタスク管理を行ってもいいですし、OmnifocusやTodoist等のGTDアプリを使っている方はメモはGTDアプリのInboxに書き込む習慣をつけてください。

これによってタスク管理を行っているモノを毎日使用するようになります。書き込むだけでなくメモの確認にも使用するので使用頻度がグッと上がります。

STEP.2 Inboxからの移動は毎日行なう

メモをInboxに書き込む習慣が出来たら次に毎日Inboxを空にするための時間を確保しましょう。

最初は3日おきでもいいです、時間も夜行ってもいいですし朝活として少し早起きして行ってもいいです。決まった時間にリマインダーを設定して通知させれば整理の時間が習慣化されます。

整理ではメモで書き込んだアドレスを連絡先に入れたり、思いつきを新たなタスクとして仕分けたり。そして直ぐに行えるものならやってしまいます。

ここまで出来ればタスク管理が習慣化されていると自慢してもいいでしょう。

STEP.3 週次レビューは確実に行なう

週次レビューの頻度はプロジェクトによって週間・月間・年間と期間を変えて行います。期限が一番近いものを週間・それ以外を月間・目標は年間というような分け方で最初はOKです。

では週次レビューを行なう時の注意点として自分がやらなくていいタスクを多く見つけて他人に任せたり削除できるかが重要だと思ってます。

やらなくていい事を見つけたり、忘れてた重要な事を見つけたりすることです。出来るだけ多くやらない事を見つけて削除できれば得した気分になりますね。

まとめ

タスク管理を継続していくために3つのSTEPで書いてみました。

メモ+整理でいかにタスク管理しているノートやアプリにアクセスするか、そして毎日利用する頻度を上げていきます。私は思いついたらメモを書き込んでいるので毎日Omnifocusを何度も開いています。

そして思いつきで書いたタスクを冷静になって削除する行為が週次レビューです。もちろんプロジェクトの進捗具合や緊急なタスクの漏れを防ぐ効果もありますね。

タスクが膨大になり過ぎないようにするのもタスク管理を継続するコツですね。削除出来ない場合は保留中にして当面は隠しておきましょうw

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。