入れておくと便利!格安航空券チェック・予約に『Skyticket』を使ってみた

SPONSORED LINK

Skyticket App

旅行の予算計画の段階から突然の航空券予約まで幅広く対応できて見やすいアプリが『Skyticket』です。

スカイチケットは格安航空券サービスなんですが、アプリがあったのでインストールして使ってみました。

Skyticket Appで海外旅行予約の方法

メイン画面

チケット検索のメイン画面ですが、今回は妻の実家であるインドネシアまでの航空券を調べてみます。

フライト検索項目の入力

チケット検索情報入力

メイン画面で海外航空券を選び、チケット項目を入力します。

  1. 出発地(デフォルトで東京)
  2. 到着地(地域→国→都市)
  3. 往路出発日
  4. 復路出発日
  5. 座席クラス
  6. 搭乗人数

これだけを入力して検索をタップします。

航空券結果

航空券チェック

最安値情報がまず表示されます。下にスクロールするとだんだんと高額のチケットになるのですが、ある程度航空会社が決まっている方は航空会社指定をします。

私の場合は直通便(日本→インドネシア)がいいので、日本・インドネシアの航空会社を選択します。

すると全日空が最安値で出てきました。因みにここに書かれた金額は大人2人・子供1人の合計金額です。

地方から海外でも使える!

私は香川在住なんですが上記のチケットは東京→ジャカルタ間のチケットです。じゃ一体東京まではどうやっていくの?ってなりますよね。

当たり前の話ですが、このアプリ地方の空港から国内便込の検索も可能です。

地方から海外

まず最初の条件を『高松』に変更し検索。そして直ぐに航空会社を選択した結果

高松からスカルノハッタ(ジャカルタ)までの総額が含まれた金額とフライト工程が表示されます。

詳細をみるをタップすると高松→羽田(東京)、羽田(東京)→スカルノハッタ(ジャカルタ)のフライト工程が見れるようになっています。

予約する

予約する

結果から選んで予約する場合、まず選択したフライトの金額内訳・フライト工程の確認画面がでます。その後申し込む方の情報を入力します。

申込者情報の入力が終われば実際に登場する搭乗者の名前・性別・生年月日・電話番号・国籍・パスポート情報を人数分入力します。

ここで気をつけないといけないのは、ローマ字の名前・パスポート番号など1字でも間違えれば当日搭乗出来ません。何度も確認して確定しましょう。

まとめ

このアプリの最大の特徴は非常に見やすい!これに尽きると思います。格安航空券ってWebで見てても結構ごちゃごちゃしてるんですよね。

使ってみるとなかなかいい感じで目的の航空券を探すことが出来ました。

家族旅行の計画段階から使えるアプリなので、こういったアプリを1つ入れておくと捗りますね。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。