メモ選びとRHODIA(BLOC ケース付き)が届いたのでレビュー

SPONSORED LINK

RHODIA

最近やってみようと思ったのが脱ノートからのメモの持ち歩き。ノートに残すというのを辞める為にメモを活用したいと思っています。

そこで持ち歩けるサイズで仕事で取り出してもカッコイイメモを調べて見た結果RHODIAのメモを購入しました。


メモ選びの候補

Rhodia メモパッド

「メモなんて100円ショップで十分!」ごもっともです。でも文具ってカッコイイのを持ってると『ドヤ顔』出来ちゃうんですよね。

スーツのポケットからスッと出して、相手が「そのメモカッコイイですね」なんて話になるとかならないとか。まぁそんなこんなで今回のメモ選びに幾つかの条件をつけました。

  • 持ち歩きたい(ケースがあれば尚良い)
  • デザインがカッコイイ
  • 安価

まぁメモなんで、驚きの高額は使いづらいですよね。そこで上記の条件を満たすものとして3つの候補を上げてみると

この中でRHODIA以外は以前使った事があって専用アプリでデジタル化も容易に出来るのですが、途中で面倒になって専用アプリ消してFastEverSnapでEVERNOTEにバンバン送ってました。ということで専用アプリの有無は対して評価になっていません。

そしてこの3つ共に近くの文具店で購入できるので、継続して使う部分もクリアしています。では何故RHODIAにしたのかというと中でも一番安いということと、専用ケースが一番かっこよかったからです。

なんだか俗な選び方ですいません。

RHODIAが届いたので開封の儀

PHODIA 通販

残念ながら近くの文具店には欲しい専用のケースが売ってなかったので、RHODIAのオンラインショップで購入しました。

QUOVADISQUOVADIS
RHODIAの商品は全て揃ってます。

実は横開きのケースはハードケースしかAmazonで販売されておらず、ソフトケース(RHODIA11SLICK)が欲しかったのでクオバディスで購入しました。注文から3日目に届きました。

内封品

なんか色々と入ってて

  • RHODIAメモパッド
  • RHODIAバッジ
  • RHODIA 80周年冊子
  • QUOVADISダイヤリー紹介冊子
  • お礼・連絡先・取り扱いブランドが書かれた紙

QUOVADISってショップ名じゃなくてダイヤリーのメーカーさんなんですね。中に入っていた冊子はついつい読んでしまいました。

RHODIA11SLICK 表面

ケースの外面にはRHODIAのロゴとカードが1枚収まる程度のポケットがついています。

RHODIA11SLICK 内面

内面には左右どちらにでもメモパッドが取り付けられるようになっています。右利きでも左利きでも書きやすいようになっているわけですね。

RHODIA No.11

メモパッドの表紙を折り返します。メモの枚数は80枚です。

RHODIA 11SLICK

直ぐにメモが使えるようにするとこのようになります。かき心地も悪くありませんしソフトケースとは言えなかなかしっかりしています。

因みにメモを入れカバーを閉じた状態でサイズは8.7×11.9×1.8cmです。

まとめ

まぁメモなんでそこまで拘るかと思われるかもしれません。EVERNOTEに最終ストックするならポストイットなんかでも良いかもしれません。

ただ自分がいいなぁと思って購入したものって「ちゃんと使う」んですよね。妥協で購入すると適当になったりするものです。

自分の行動の為に良い物を持つというのは私はあながち嘘ではないと思っていますしRHODIAはたった200円で満足できるんですからありがたい。

さて何故ノートからメモに変えるのかというのは実はGTDにも関係しています。この部分は直ぐに記事にするので気になる方は是非合わせて読んでください。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。