テキトー資産管理術 マネーフォワードは不精者に最適だった件

SPONSORED LINK

Moneyforward

これまでiComptaやMoneyWizを使って資産管理を行ってきましたが、やっぱり面倒なんです。毎日管理するなんてとても続きません。

自分の資産管理の方法を見直し、必要な項目を出来る限り自動化することで続けることが出来るようになったのです。


資産管理で私が重視した項目

まず資産管理で何を重視しますか?見やすいグラフ?それとも予算の管理や毎月繰り返される出費の見直しですか?

機能面で言うと様々なケースが当てはまると思います。ただ今回私が最重要視したのは手間がかからない。これ一点です。勿論手間がかからないが何も出来ないのでは意味が無いですから重視のポイントを書くと

  1. 手間がかからない
  2. 各口座の残高が把握できる
  3. 毎月の出費に占める費目の割合確認
  4. 現金をどこで使ったかがわかる
  5. 出来れば今後の予想推移が表示できる

まず長く続けるために「手間がかからない」と言うことを最優先しました。一つ一つ入力をしないといけないのでは、やっぱ忙しくて入力をしない日が続くと億劫になります。

次に複数口座の残高の把握ができる。現在の貯金額等の総資産がいつでも把握できるというのは生活する上での1つの指針になります。何かを購入する、思い切って家族で旅行に行く等は預金額の把握が出来ていないといけません。

実はこの2つがあれば私の場合ほぼ満足なんですが、更にあると便利なのが、毎月の出費に占める費目の割合確認が出来れば無駄・節約箇所が見つかります。現金においてもどこで使ったお金が多いのかが解れば対策になりますね。

現在の出費を続けていった時に、10年後・20年後に自分の資産はどうなっているかが見れると対策を取る目安になります。

これらを満たしているアプリ・サービスの中で一番優秀なのは今のところマネーフォワードだと思います。

マネーフォワード登録方法と特徴

マネーフォワードの登録はTOPページにある「いますぐ登録」もしくはFacebook・Google+アカウントと関連付けることで登録できます。

私はいますぐ登録からメールアドレスとパスワードを決めて登録しました。

Moneyforward 登録01

メールアドレスとパスワードを入力し、規約を読んで同意したら下部の登録ボタンをクリックすると登録したメール宛に会員登録のメールが届きます。

そのメール内のURLをクリックするとメール確認は完了です。

Moneyforward 登録02

その後にプロフィールの入力として、性別・誕生年・県・職業を選びます。これで登録は完了です。

金融機関の登録

Moneyforward 金融機関登録

この後金融機関を登録していきます。銀行口座・クレジットカードは勿論ですが、セブン-イレブンのポイントカードの電子マネーやFX・証券・年金等の様々な資産が登録できます。

この登録は全てオンラインバンキング等で利用しているログインパスワードや秘密の質問に答える必要があります。暗号化されているとはいえ、やっぱり怖いという方はやめておきましょう。

口座を全て登録すると、総資産額・口座ごとの金額、入出金履歴などが表示されます。しかも公共料金の引き落とし等は既に電気料金や電話代等の費目が自動で付けられています。

これがほぼ自動で手間を掛けずに資産管理出来るマネーフォワードの一番の特徴でしょう。入金等の自動で費目が追加されていないものだけを定期的に費目を選んでやるだけでいいのです。

また他のサービスに比べ金融機関が非常に豊富です。

スマホで管理が可能

マネーフォワードはスマートフォンやタブレット端末にも対応しているのでアプリ(無料)をダウンロードすればスマホから残高の確認、費目の入力などが可能です。

Moneyforward iOSApp

因みにPCを介さずともスマホだけで登録して利用も可能です。

無料家計簿-マネーフォワード App
カテゴリ: ファイナンス
価格: 無料

ReceRecoとの連携で現金管理もバッチリ

マネーフォワードの魅力のもう一つはReceRecoに対応していることです。

ReceReco

レシートを撮影すれば店舗もしくは商品に費目を自動で選択し記録してくれます。これだけでもすごく便利なのですが、マネーフォワードと連携することで現金管理がマネーフォワード上で捗るわけです。

登録はマネーフォワードの金融機関登録>その他>ReceRecoで関連付けるだけです。

Moneyforward ReceReco登録

これで一番のネックとも言える現金管理もほぼ自動に近い状態で管理ができます。

まとめ

マネーフォワードは基本無料で利用できますが、全ての機能を使うためには月額500円の有料版に登録する必要があります。金融機関の残高・明細・総資産表示・費目の管理は無料で出来るのでまぁ十分だと思います。未来の推移等を確認したい方は有料版に登録しましょう。

セキュリティの心配は確かにありますが、これだけの機能ですし何より物凄く時間短縮が可能です。

これまでお小遣い帳や資産管理に挫折した方でもきっと続けられると思いますよ。
だってほぼ何もしなくていいんですからねw

 

もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。

SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。