物書きに人気にライティングアプリ『Scrivener』にiOS版登場!Mac版との同期方法

Ios scrivener

何章にも分かれるような文章を作成する際にすごく便利なMacアプリが『Scrivener』ですが、そのiOS版がリリースされたので早速使ってみました。

今回はMac版との同期に関して簡単にまとめてみます。

Mac/iOSの同期設定

同期

同期にはDropboxを使用しました。右上のSyncアイコンから新規文章の作成→同期させるフォルダを選択することが出来ます。

設定はたったこれだけ。あとはMac側でDropbox内の文章をダブルクリックすればScrivenerが起動し続きを編集出来ます。

実際にやってみる

テスト文章iOS

まずはiOS版で新規文章を作成し本文を入力してDropboxに保存

Mac側

次にMac側で先ほど保存した文章を表示、次に「テキストをMacで追加」と入力しCommand+Sでセーブしました。

iOS版で確認

再度iOS版で起動させると変更通知がでるので同期させます。

当然ですがMacで追記したテキストが反映されて表示されました。同期には時間がかかりますが、テストでは文章が短い上に階層もないので早かったです。

実際重たい文章ではまだテストしていないのですが、スピードが早ければすごく便利に使えそうですね。

まとめ

卒業論文やレポート、ブログの特集などの下書きといった様々な用途で文章作成に使えるのが『Scrivener』です。これまでは他のiOSアプリとの連携だったので使い難かったのですが、今回iOS版が出たことによってライティングが凄く捗りそうですね。

暫く使い倒してまたレビューをしてみたいと思います。

Scrivener
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥2,400(記事公開時)

APP STORE

Ios scrivener

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。

投稿者:

AKIRA MINAMI

WEB制作・App開発、その他デザイン関連をしています。楽しいことが大好きで遊びとサイトを融合させるよう日々精進しています。広告プロモーションも行なっております。興味がある方は気軽にご連絡下さい。