GTDアプリを使って今年の目標とやるべき事を整理する方法

SPONSORED LINK

目標 GTD

年明けには多くの方が今年の目標や豊富を決めると思います。ただ半年後に覚えている方はどれくらいいるでしょうか? また目標達成までの具体的なタスクを決める方も少ないですよね。

そこでどうせならGTDアプリを使って戦略的に目標から達成までのタスクを整理する方法についてまとめてみます。


1年後の自分-目標とゴール

Gtd 目標管理

では早速目標や抱負を決めてGTDアプリに落としこんでいきます。私は書籍『ストレスフリーの整理術』を参考にしてGTDを行っています。またアプリはOmnifocus2を使っています。

目標の決め方

まず目標を決めていくわけですが目標は具体的に数値化出来るものが達成の度合いが見えるので出来るだけ数字で表せれるものにします。

  • 10kg痩せる
  • ブログ記事500記事

わかりやすい2つを上げましたがこの2つ大きく違っていて、前者は結果であって手が届くかどうか判らないもので後者は努力次第で必ず達成できるものです。

『10kg痩せる』という目標でも問題はないのですが、「トレーニングを160日」という風に行う日数等にしたほうが達成しやすい気がします。

GTDアプリに1年の目標を整理

目標管理

私はOmnifocus(GTDアプリ)を使って目標の管理もしています。単独アクションリストとして『望むべき結果』というプロジェクトを作成し段階的に目標を管理しています。望むべき結果に関しては以前書いた記事に考え方をまとめています。

7つの習慣+GTDをストレスフリーの整理術を元にしたOmniFocus整理法7つの習慣+GTDをストレスフリーの整理術を元にしたOmniFocus整理法
参考元:フリーランスの話のタネ

この記事では特に望むべき結果と7つの習慣の関係性についてまとめています。しかし考えすぎるのも面倒になるのでさらっと『今年の目標』という単独アクションリストを作成しても構いません。

具体的に目標を達成するためのプロジェクト

目標達成までのプロジェクト

今回は例としてダイエットで書いてみると、トレーニングを年間160回以上行うというのは約週3回トレーニングを行えば達成できる数値になっています。ただ漠然と決めただけでは具体的な行動には繋がりませんよね。そこで事前準備としてこちらをタスクとして作成しました。

  • ジャージ・シューズの購入(持っている方は不要)
  • アプリの準備(計測やログの管理・トレーニングサポート)
  • ジムやトレーニングルームの会員登録
  • 開始前に体重のチェック

こちらは上記の画像で言うと①の部分になります。これはトレーニング前の準備で1回行えば完結するものです。一方160回以上続けて行われるものはこちらになります。

  • 週3回 ジムでのウオーキングと筋トレ(トレーニング)
  • 毎日食べたものををログに残す(レコーディングダイエット)
  • 毎日の体重チェック(効果の測定)

これらは継続して行われる言わば終わりのないタスクになります。

繰り返しタスク

繰り返しタスクなので繰り返しの頻度を入力します。毎日のものは1dayと入力すればOKです。

ただこうなると行動フォルダ内のプロジェクトはいつまで経っても消えないという少し気持ち悪い状況になりますよね。まぁ割りきれる方はいいんですが気持ち悪いと感じたらカレンダーや備忘録に移します。

繰り返しタスクはカレンダーや備忘録へ

まぁ管理のさじ加減なんですが、私は繰り返し行われるタスクはカレンダーで管理し期限のないものは備忘録へと整理するようにしています。

実際行動に入れているプロジェクトの中でいつまでも終わらないものが多いと嫌になってきます。タスクの実行を捗らせるためにもプロジェクトはドンドン終わっていくほうが能率があがります。そこで行動フォルダに入れるものはカレンダー意外は確実に終わりのあるプロジェクトにします。

Omnifocusを使った終わりのないプロジェクトの管理方法Omnifocusを使った終わりのないプロジェクトの管理方法
繰り返しタスクの管理方法

詳しくは過去記事をご覧になってみてください。

まとめ

今回書いた記事のポイントは

  1. 目標は自分の行動でどうにかるもの+数値化で考える
  2. GTDアプリに目標管理のプロジェクトを作成する
  3. 目標を実践するための細かなタスクを書き出す
  4. 繰り返し行うタスクはカレンダー・備忘録で管理する

あとは実際に行動してみて実際に無理があれば週次レビュー時に直してやればいいだけですね。目標だからと行って縛られすぎるのも駄目なので柔軟に自分に適した達成方法を見つけるためにも役立ちますよ。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。