君は1万ノートも管理出来るか?EVERNOTE断捨離整理術

SPONSORED LINK

EVERNOTE

EVERNOTEは非常に便利なツールなんですが出来る事の多さ、自由度の高さから「今の使い方でいいのか?」といった疑問がついついわいてしまいます。

大体そういった症状はノートが数百になった段階から現れるのではないでしょうか。

スクラップブック的要素の高いEVERNOTEを使いやすくするために必要かどうかわからないものを断捨離すると使いやすくなるのではないかというお話です。


WEBクリップの90%を断捨離

今回私が行ったのは徹底的にWEBクリップをEVERNOTEから削除しました。

  • デザイン関係
  • ライフハック
  • 学習系

殆どが上記に該当する記事のクリップだったのですが、よくよく考えるとデザインやライフハック・学習はその時その時で人気の手法は変わりますし使用するサービス・アプリケーションによっても変わります。

時代とともに変化するような項目についてクリップする必要があるのだろうか?と思ったわけです。

それこそクリップ元に記事があるわけですし、クリップ元が閉鎖になるような時は時代が変わったと思えばいいんだと。EVERNOTEで検索して膨大な量のWEBクリップから探すよりもググった方が新しい記事に出会える可能性もありますからね。

逆に残したWEBクリップは

  • 現在の仕事に使う資料になる記事
  • アプリケーションやサービスの使い方

今やっている仕事の資料になるようなものは、直ぐに使うのでクリップで残してます。ただ仕事が終われば削除しますし、今後はOmnifocusのメモにURLで管理するのでクリップすることはないです。

アプリケーションの使い方は今後も新しいアプリを購入した際に必要ならクリップします。自分なりにマスターしたものは削除していく感じです。

ノートブック整理

以前記事にした時は参考資料的なクリップが非常に多かったのですが、メモ主体で整理しています。

ノートブック整理

0番で一旦ストック

まず0番の項目ですが、基本的に一旦ストックする場所になっています。

  • 00 inbox(一旦全てここに入れます)
  • 000 myblog・000 Neta(IFTTTと連携)
  • 000 よく使う情報(週に一度は開くノート)
  • 000 後で調べる(後で調べたいこと・キーワード)

ここから各ノートブックに整理したり調べたり行動を起こすわけです。

10番でノートをまとめる

  • 10-00 目標・計画(今後の目標・仕事の計画・毎日の時間割等)
  • 10-01 行動LOG(何か特別なことをした時に残す)
  • 10-02 アイデア(思いつき等)
  • 10-03 メモ(メモ帳と連動)
  • 10-04 生活情報(パスポート情報等から使用している電球の種類等)
  • 10-05 欲しい物(今後購入したいもの)
  • 10-06 名刺
  • 10-07 保証書(購入品の保証書や期限)
  • 10-08 領収書(WEBで購入した際にメールで送られる領収メール)
  • 10-09 会員登録/Pass(WEBサービス等の会員登録情報や通知メール)
  • 10-10 アプリコード

一旦削除して0になっているものもありますが、大体このような感じでノートとして管理しています。ただアイデアの部分はOmnifocusに入れているので、思いつきをそのまま入れるというよりは思いついたことをまとめて書き出す感じになります。

生活情報や名刺には個人情報が入るので2段階認証は必須ですね。ただ最近名刺管理の重要性がSNSでなくなっているような気がしているので今後は名刺管理をしないかもしれません。

メモに関しては最近始めたメモ帳をInboxとして使うやり方で、毎日やったことの確認も出来るようにしています。

Inboxを持ち歩くメモ活用術Inboxを持ち歩くメモ活用術
りんご人 過去記事

この後に自分が行っている項目について番号を振っていますが、ノートのところに入れてもいいかなと思う内容は多々あります。出来るだけシンプルにしたかったのですが、取り敢えず目的の項目を見つけやすくするためにジャンル別にわけています。

その他ジャンル別で

  • 20 仕事(打合せ記録等)
  • 30 ブログ(過去記事のバックアップ等)
  • 40 アフィリエイト(コードの管理等)
  • 50 ネットショップ(商品在庫の管理やキーワード調査メモ)
  • 60 APP開発(勉強中のノートをまとめたもの)
  • 70 趣味(趣味に関する記録)
  • 80 説明書(アプリケーションの使い方記事)
  • 90 ライフログ(ForsquareやInstagramのログ)

クライアント名等が出てくるので詳細は表示させていませんが、だいたいかっこで書いたような内容がノートで入っています。

説明書とライフログ以外は全て自分が分かりやすいように自分の言葉で書かれたものになっています。利点としてはクライアントによっては共有して意思の疎通を図れる事、画像などの資料も見せやすいですね。

このあたりがEVERNOTEを使う理由になっています。

あと今後辞めてもいいかなと思っているのがEVERNOTEでライフログを管理する事。ライフログだけならiPhoneアプリ『Moment』を使った方がよっぽど見やすいです。

Momentoを使って大好きなブログの記事もライフログに残すMomentoを使って大好きなブログの記事もライフログに残す
りんご人 過去記事

まとめ

私が断捨離して思ったことは数千もあったノートが数百程度に収まった事、それだけ要らないものを蓄えこんでいたという事実なんです。

PDFなどのファイルはDropboxで管理しているので、WEBクリップをほぼ止めると『無料版で十分』なんですよね。勿論このやり方はEVERNOTEで一元管理したい方には不向きかもしれません。

WEBクリップ止めたらEVERNOTEの意味ないって声が聞こえてきそうですが、ただ数千のノートあなたはいつ見ますか?

Evernote
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料(記事公開時)

APP STORE
最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。