海外に行く前に知っておきたいプリペイドカード等の活用術

SPONSORED LINK

プリペイドカード

海外旅行に出かける時に悩むのは現金の持ち込み額とクレジットカード利用ではないでしょうか。大きな金額を持ち歩くのも怖いですしクレジットカードはカード詐欺に合う危険もないとはいいきれません。

そこでクレジットカードほどの危険性もなく同様に使えるカードやATM利用ができる銀行等をご紹介します。

現金の持ちすぎも危険

カードは怖いので現金でって方は多いと思いますが、海外は日本ほど治安が良くなく特に途上国なんかでは支払いの際に財布の中身を覗く方って結構います。実際の私の体験でしっかり値切って購入したのですが、財布の中身を見るやいなや店員とトラブルになった事もあるんです。

では財布に入れておかずバッグの中に分けて持ち歩くのは当たり前なんですが、渡航先によっては1万円が3枚あれば1ヶ月暮らせるトコなんて結構あります。1万円ずつ数十箇所に分けてなんて出来ませんよね。

それに盗難に合うなんてこともありえない話ではないので現金主義も結構怖いのです。

プリペイドカード・デビットカードの活用

クレジットカードだとショッピング枠の上限まで使われますしカード被害が怖いですよね。そこで入金している額までしか買い物ができないプリペイドカードやデビットカードが凄く便利です。

カードの機能

今回紹介するのはクレジット機能付きのプリペイドカードとデビットカードです。

  • 現地の対応ATMで出金が出来る
  • ショッピングやホテルの支払いにも使える
  • 利用上限は入金額
  • 未成年でも利用可能

あくまでクレジット機能付きのデビット払いなので複数回払いなどは当然出来ません。入金されている金額が上限で一括払いです。

カードの種類

実際私が利用しているカードを2つご紹介すると

キャッシュパスポートキャッシュパスポート

海外専用プリペイドカード

キャッシュパスポートはクレジット機能付き(Mastercard)のプリペイドカードです。日本で現金を外貨に両替するよりも断然お得で出発前に日本円を振り込んでチャージすれば現地で使えます。

発行手数料や年会費が要らないので一回きりの海外旅行でも重宝します。

楽天銀行楽天銀行

楽天銀行デビットカード(ゴールド)

海外・国内関係なくクレジット機能(VISA)として使えるのが楽天銀行のデビットカードです。海外でショッピングにもATMでもVISA対応なら問題なく利用できます。こちらも口座に入っている金額が上限です。

年会費が年間3000円程度必要ですし楽天銀行の口座を既にお持ちの方にはおすすめ

その他ATM利用できる銀行

海外で利用できる銀行は渡航先によって変わります。そこでインターネットから口座の開設ができて海外でバンバンATM利用できる銀行はCityBankです。

CitybankCitybank

世界200以上の国と地域、約190万台のCD/ATMを利用できます。

経験ではインドネシアの地方都市にもATMがあり引き出すことが出来ました。ネットバンク利用なら口座維持手数料もいらないので最後の手段として持っておくと非常に便利です。

まとめ

私は上記3枚のカード全て持っています。海外での利用に関してはプリペイドカードとCityBankの組み合わせに利用していて楽天デビットカードは様々な国内の支払い、ネットショッピング等に利用しています。

当然楽天も海外のHotelで支払いしたことがありますしVISA・Mastercardの両方あれば片方になにか問題が発生してももう片方でその場をやり過ごすことが可能です。

これから海外旅行を考えている方は渡航前にプリペイドカードの利用も視野に入れておくと安心して旅行を楽しめると思いますよ。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。