エフェクトをレイヤーで重ねる写真アプリ『Stackables』の使い方

SPONSORED LINK

Stackables

Stackablesは数ある写真アプリの中でもちょっと変わっていて、様々なパターン・効果をレイヤーでどんどん重ね合わせることで、たったひとつのベストな写真に仕上げる事が可能になります。

なかなかコンセプトが面白かったので、基本的な使い方を解説したいと思います。


基本的な使い方

メニュー

起動させるとメニュー画面が立ち上がります。カメラアイコンをタップして撮影から始めるか、画像アイコンをタップしてカメラロールから写真を選んで始めることが出来ます。

基本画面解説

画面上部がメニューになっていてテクスチャやグラデーション等を切り替える事ができます。ここのメニューを切り替えることで画面右のパターンが変わります。

またパターンを適用する際にどのように写真に反映させるかを「効果」の部分で変更します。効果の部分をタップすると右のパネル上では効果の部分がメインで表示されるようになります。

複数のテクスチャを追加する場合はレイヤー部分で+を選択し追加していきます。

実際の編集手順→共有

編集

適当に幾つかのパターンを追加してみました。最終的に次の写真のようにしています。

チルトシフト

手順を簡単に書いてみると

  • メニュー左から2つ目:写真の大体の雰囲気を決める
  • メニュー左から3つ目:グラデーションで変化をつける
  • メニュー左から1つ目:光の雰囲気が出るテクスチャを追加
  • メニュー左から5つ目:トイカメラ風に

ここまで数分で弄れますし組み合わせを考えればかなりの効果を生み出せますね。そしてメニュー一番右からInstagramに共有することも出来ます。

まとめ

最初の写真と見比べると全然別物になってますね。しかも組み合わせは自由なんで加工が本当に楽しめると思います。オーバーレイ・ソフトライトといった効果について実践で学ぶことも出来るのが大きな特徴でしょう。

自分だけの加工パターンを幾つか作ることが出来れば、そういった手順を共有しても楽しめると思いますよ。

Stackables
カテゴリ: 写真/ビデオ
価格: ¥100(記事公開時)

APP STORE
最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。