ロック時のiPhoneでもSiri経由で個人情報が抜かれちゃうかも

SPONSORED LINK

Siri rock jyouhou

ロック中のiPhoneから個人情報や写真等が覗き見されてしま方法が『Gigazine』で掲載されていました。そこで対応方法などご紹介致します。


驚愕の方法とは

詳しい方法はGigazineの記事を見ていただきたいのですが、要はロック画面でSiriを使って電話番号を抜き出す。そしてその番号にFacetimeでコールしその流れでiMassage→連絡先一覧→写真と最早重要な情報は丸裸状態。

ロックがかかったiPhone内の全写真や個人情報を簡単にのぞき見されてしまうバイパス法が発見されるロックがかかったiPhone内の全写真や個人情報を簡単にのぞき見されてしまうバイパス法が発見される
参考元:Gigazine

対策方法

同記事内で対策方法も書かれていましたが引用しておきます。

  • Siriに「自分の情報」を登録しない
  • Siriの「ロック画面でのアクセス」を無効化しておく
  • Siriに「写真」へのアクセスを許可しない
  • Siri機能自体をOFFにしておく
  • FaceTimeを無効にしておく

結構大胆な対策方法ですね。便利な機能をオフにしておかないといけないのは正直勿体無いです。

声紋認識の進歩が望まれる?

以前りんご人でも記事にしたのですが『もう勝手に動かない!Siriに声を覚えさせる』でSiriを使えるのは1端末で1人だけになれば問題なくなりますよね。

勿論100%の認識は難しいでしょうから似ている声の方は仕方ないとしても現状よりは全然セキュリティの向上にもつながると思います。技術的なことは全くのド素人なので素人意見ですが、現状対策されていないので何よりもテーブルに置きっぱなしにはしないよう心がけましょう。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。