iPhone6Plusユーザーの私が語るiPhone6S/6SPlus選び

SPONSORED LINK

iPhone6Sサイズ選び

「大は小を兼ねる」ってもう結論書いちゃいましたがこれは私の環境での意見。私はiPhone6Plusを約1年使ってきましたが利用シーンでメリット・デメリットは当然あります。

これからiPhone6Sのサイズ選びに迷ってる方の参考になるかもしれない私の意見を書いていきたいと思います。

5.5インチであることのメリット

画面サイズが大きくなりiPhoneの使用用途が一気に増えた気がします。5.5インチの恩恵で特に感じたメリットを上げてみると

  • WEB・電子書籍が抜群に読みやすい
  • 横向きでの文字入力が格段に向上
  • 写真編集時の微調整がしやすい

iPhone6Plusの場合はカメラの性能差もあったのですがiPhone6Sの場合はどうだったかな(笑)でもiPhone6ユーザーと同じ写真を撮って検証したけどイマイチ恩恵は感じられませんでした。

大きなメリットは「見る」と「書く」という行為ですね。特にテキスト入力はランドスケープモード(横向き)時にかなり捗りますから、ブログの下書きなんかはiPhoneで十分になりました。

そうiPadの出番が大幅に減った1年だったと思います。メリット自体は過去にも詳しく記事にしているので合わせて御覧ください。

iPhone6Plusを1ヶ月使ってわかった7つの利点iPhone6Plusを1ヶ月使ってわかった7つの利点

参考:りんご人過去記事

5.5インチであることのデメリット

メリットがあれば勿論デメリットがあります。このあたりが我慢できれば5.5インチを買うべきかなと私は思ってます。

  • 持ち運びにバッグが必要(特に夏場)
  • 片手フリック入力が難しい(手が小さい)

私が特に感じたデメリットはこの2つ、外出時にiPhoneを入れるバッグが必要になります。特に軽装の夏場なんかはポケットに入れてというのが難しい大きさ。普段カバンを使わない私もカバンを持つようになりました。

あとは4.7インチで可能かどうかわかりませんが、片手でフリック入力が出来なくなりました。手が大きな方は大丈夫かもしれませんが5.5インチは結構厳しいと思います。

何気にストレスを感じる部分ですよね〜。

まとめ-こんな方は4.7インチがおすすめかも

私の生活スタイルはフリーランスなのでほぼ自宅で仕事であるということで持ち運ぶ機会が会社員に比べグッと少ない。これは5.5インチで満足している大きな要因の1つと言えます。

ただ既にiPadを持っている方(特にiPad mini)ユーザーの方に取っては5.5インチであるメリット部分がなくなりデメリットばかり感じるような気がしてます。

私自身iPadを持ってますがiPhone6Plusを買ったことで利用する機会は凄く減りました。ただiPhone6Plusの文字入力は楽になったとはいえiPadの方が早いです。

これらを踏まえて、カバンなんか持ち歩かない!iPad持ってるよ!って方は4.7インチのiPhone6Sの方がいいでしょうね。予約開始は3キャリア共に9月12日16時1分からですが、出来れば今日明日で予約前にiPhone6/6Plusに実際触ってからの方がいいと思います。

iPhone6S/6SPlusの予約はこちら:SoftBank Onlineshop
最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。