iOS時間割アプリ One TimeTableの使い方

SPONSORED LINK

以前に書いた「3Cycle 話題のスケジュール管理iPhoneAppを使ってみた」の開発者が時間割アプリ「One TimeTable」をリリースしてたので早速使ってみました。

自分が設定するついでにレビュー・使い方解説をしてみようと思います。


One TimeTableの使い方

One TimeTableは学校の授業の時間割をiPhoneで確認出来るアプリです。

「えっ 大の大人が時間割なんていらないでしょ?」

時間割と言うのは私は様々な活用方法があると思います。大人の時間割活用方法に関しては大人の時間割-面白い時間割活用法に記事を書いています。

話はそれましたが早速時間割の設定方法を息子の時間割を参考に作ってみました。

Onetimetable02

起動させるといきなり時間割画面で項目の追加になっているので、右上の鉛筆アイコンをタップし設定画面で時間割の時間や背景を設定します。

Onetimetable03

設定画面を解説すると上から順番に

  • 時間割名(任意で入力 例:小学校)
  • 総時間数(時間割がなん項目あるかです。例:6時間授業なら7にしましょう)
  • 1時限目開始時間
  • 授業時間(授業1時間は何分?)
  • 休み時間(授業の合間の小休憩は何分?)
  • 授業時間設定(時間を微調整出来る)
  • 表示させる曜日(週休2日制なので土日は外しています)
  • 背景の設定(6つの背景から選ぶ)

では早速背景から設定してみましょう。

Onetimetable04

6つの背景パターンから選べます。私は取り敢えずブログで紹介するのに一番文字が見やすいパターンを選びました。iOS7っぽくていいですね。

設定項目についての注意なんですが、6時間授業で6って入力しちゃうと給食+昼休み分が合わなくなったので私は7にしました。但し昼休みを確認しない場合は6で授業時間設定(時間を微調整出来る)を使うといいですよ。
※例では7で進めています。

Onetimetable05

時間の設定が出来たら必ず上部のフロッピーディスクアイコンでSAVEを行って下さい。間違って画面移動しちゃうと最初からになります。(ここ直してくれたらいいのに)

そしていよいよ時間割の入力です。

Onetimetable06

鉛筆アイコンをタップし写真のようになったら枠をタップします。この時授業が国語であれば全ての国語の時間をタップして一括入力出来るのが便利です。選び終えたら下に出てきた「+」をタップすると項目が入力できます。

取り敢えず国語と入力しSAVEで国語が反映されます。同じように他の科目を入力しましょう。

Onetimetable07

これで完成です。

まとめーそしてプレゼント

iPhoneで時間割が確認できるのはすごく便利ですね。学生の方だけでなく上記でも書いたように大人でも使い方はあると思います。(InfoBackerで記事にしました。)

ただ少し注文をつけるならば時間の詳細設定をもう少し入力しやすくして欲しい(項目が小さくて選びにくいのと終了時間から変更しないと開始時間を先に変更した場合、終了時間を超えていた場合受け付けてくれない)のと複数の時間割を保存できるようにして欲しい事ですね。

One TimeTableを4名様にプレゼント

本日紹介しましたOne TimeTableですが開発者様のご厚意で4本コードをプレゼント出来る事になりました!

One TimeTable – Simple Class Manager App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥85

応募方法

私ソーシャルを幾つかやっているのですがいずれかで「One TimeTable くれ」とご連絡下さい。

Twitter@dnc_akiraならメンションをつけてつぶやいてくれればOK!

締め切り:9月28日23時まで

コードはDMで送るのでTwitterならフォローをして下さい。FacebookならFacebookページを「いいね」してね。

因みに受け取ったコードからアプリを受け取る方法はこちら⇒iPhoneでアプリコード(プロモーションコード)を使ってダウンロードをする方法

ではご連絡お待ちしてます!!

SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。