Newsstandで色んな雑誌の試し読みしたら合計100ページ超えてた件

SPONSORED LINK

Newsstand

iOS標準のアプリ『Newsstand』使ってますか?私の周りはあまり利用者がいないんですが、実はかなり便利なんですよね。

毎号気になる週刊誌や月刊誌を書店に足を運ぶことなく立ち読みできるんですから!

そこで使ったことがないという方にNewsstandの使い方と私が立ち読みしている雑誌の無料配信ページ数等を書いてみようと思います。


Newsstand使い方

Newsstand アプリ起動

本棚に雑誌が並んだようなイメージのNewsstand。もちろん最初は何もない状態ですが右下のStoreをタップするとAppStoreのカテゴリNewsstandが開きます。

Newsstand Appstore

ここから自分の興味がある雑誌を選択して『無料』をタップし追加していきます。アプリの追加と全く同じ手順です。

カテゴリをタップすると雑誌を見つけやすいですよ。

試し読み

アプリに戻って無料でダウンロードした雑誌を選択します。ここは勿論試し読みを選択します。

因みに過去の号は本棚でダウンロードし試し読みすることが出来ます。

試し読み中

週刊ゲキサカをダウンロードし試し読みしているのですが、Worldcup中ということもあって日刊で速報を更新しています。

ポルトガルの選手の問題シーンは悪意を感じますが(笑)

私が試し読みしている雑誌の無料ページ数

私は幾つかの雑誌を試し読みでのみ購読しています。無料で一体どれくらいのページ数を読むことが出来るのかリストにしてみると

  • CAPA(写真):10P程度
  • デジキャパ(写真):20P程度
  • MDN(デザイン):10P程度
  • DIME(デジタル):5P程度
  • デジモノステーション(デジタル):5P程度
  • MONOQLO(デジタル):10P程度
  • MacPeople(Mac):18P程度
  • MacFan(Mac):18P程度
  • Flick(スマホ):8P程度
  • おとなの週末(暮らし):10P程度

取り敢えず表紙+目次を抜かしたページ数です。合計すると100ページを超えてくることになりますね。

まとめ 活用法

私は目次ページを含めどうしても読みたくなったら書店に足を運んで購入するためのキッカケをNewsstandを使って作っている感じです。

電子書籍は凄く便利なんですが、私は結構雑誌に書き込みたい派ですしやっぱ読んだ気がしますよね。

逆に小説や漫画なんかは電子書籍で十分なんですね。

ただ読むだけというスタンスか書き込んだり後に活用するのかを使い分けている感じです。

これまで雑誌の立ち読みに書店に出かけ、折角だからとついつい興味がないにも関わらず購入するということがNewsstandのおかげでなくなりました。

定期購読もいいんですが毎回神号というわけではないと思いますし、そのあたりをまず簡単に確認できる暇つぶしツールとして役立っています。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。