連絡先個別でメッセージの開封証明をオン・オフする方法

開封証明

iPhoneのメッセージでも開封証明ってあるんですね。というか「開封済み」という表示がそうなんでしょうけど、iOS 10では個別で切り替えが可能なようなので実際に設定してみたいと思います。

開封証明オン・オフ切り替え方法

開封証明の切り替え

メッセージアプリの個別の画面『右上』をタップし詳細を開きます。

その中に『開封証明を送信』というのがあるので、ここをタップしてオン/オフを切り替えます。

設定はこれだけです。

まとめ

大事なメッセージを送る相手には『開封証明をON』にして、それ以外はOFFでいいですよね。私の場合は連絡網や仕事関係はONですが、それ以外はOFFにしています。

よくLINEなんかで「見たのに返事くれない」なんて言う方もいますが、メッセージアプリならOFFにしておくことで逆に気にならなくなるかもしれませんね。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。

投稿者:

AKIRA MINAMI

WEB制作・App開発、その他デザイン関連をしています。楽しいことが大好きで遊びとサイトを融合させるよう日々精進しています。広告プロモーションも行なっております。興味がある方は気軽にご連絡下さい。