iPhoneをiTunesバックアップから復元する手順と驚くべき効果

SPONSORED LINK

iPhoneバックアップからの復元

私はiPhoneをiTunesに繋いでバックアップを行っていますが、そのバックアップデータから復元してみたところ予想以上に容量が回復したのでご紹介します。

iPhoneの容量不足に悩んでいる方におすすめです。

iTunesバックアップから復元する手順

今回の手順はPCのiTunesを使ってバックアップを取り復元する手順です。

1.バックアップをとる

バックアップを取る

iPhoneをPCにつなぎ「iTunes」⇒「今すぐバックアップ」を使って手動でバックアップを取っておきます。

バックアップが完了したら一度iPhoneをPCから外します。

iPhoneをリセット

iPhoneのリセット

「設定」⇒「一般」の一番下にある「リセット」をタップします。一度iPhoneを空の状態にしたいので「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップしiPhoneを消去します。

iPhoneの復元

iPhoneの再設定が始まり購入時の状態になるので、言語や国を選択した後にバックアップアップから復元の選択が出来るところでiTunesから復元を選択します。(画面上はiTunesとつなぐ画面に)

iTunesから復元

iPhoneをPCにつなぐとiTunesが立ち上がりこのバックアップから復元を選択できるようになります。ここで先ほどバックアップをとった日付確認し続けるをクリックします。

これで復元の手順は完了ですがアプリの容量によっては結構時間がかかるので余裕を持って行いましょう。

復元による空き容量の確保

上記のバックアップを取るときのiPhoneの空き容量を確認すると7.19GBの空き容量になっています。それが今回の復元後は

空き容量の回復

13.07GBということで約6GBもの空き容量が回復したというわけですね!

何だか凄く余裕が出来て嬉しいw

これにはアプリのインストールや削除、OSアップデート時等に削除しきれないゴミファイルがiOSの中にたまっているからと言われてます。

まとめ

通常は故障や機種変更などで行なうバックアップからの復元ですが、このように空き容量が少なくなって悩んでいる方にも効果があるかもしれません。

勿論iPhoneの使い方によって回復する容量は違うと思います。

長くiPhoneをリセットせずに使っている方は暇な時に是非試してみてくださいね。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。