不正なロック解除試行でiPhoneが犯人情報を取得・送信

指紋認証の進化

AppleはiPhoneの指紋認証・不正なロック解除の複数回試行で犯人の写真・動画・指紋データ等を取得し送信するという技術を特許申請したようです。

最大の利点は抑止力

ロック解除に繰り返し失敗した場合、認められたユーザー以外による操作と認識し、生体情報を収集する、という内容が記載されています。
参考:iPhone Mania

これは心強いですね。例えば置き忘れた後に無くなった場合の盗難被害にも盗難を試みたユーザーの情報が送られてくるわけですから犯人特定がグッと容易になるかもしれません。

また他人のiPhoneを盗み見しようとするユーザーの抑止力になるかと思います。これが一番大きいですよね。実際「親しき中にも礼儀あり」でないですが、家族・カップルで相手のスマホの中身を見たいという方は少なく無いですし、風呂に入ってる最中にiPhoneを持っていくという不自然な行為をしなくてもいいわけです。

後ろめたいことが無くても他人にiPhoneを触られるのっていい気はしませんからね。

こういった不正アクセスの抑止力があれば、もっと気楽になると思います。

まとめ

勿論この技術が導入されるのはまだまだ先のお話ですが、スマートフォンは自分のプライベート情報の塊ですから嬉しいですね。

久しぶりにAppleの話題で盛り上がった気がします(笑)

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。

投稿者:

AKIRA MINAMI

WEB制作・App開発、その他デザイン関連をしています。楽しいことが大好きで遊びとサイトを融合させるよう日々精進しています。広告プロモーションも行なっております。興味がある方は気軽にご連絡下さい。