【小技】iPhoneの画面を下向きに伏せておくと通知が来ても画面がONにならない

SPONSORED LINK

画面を伏せておく

iPhoneの液晶部分を下向きに伏せて置くのに抵抗を感じる方もいるかもしれません。しかし画面を下に伏せて置いておくことでバッテリー節約につながるかもしれません。

通知が来ても画面はONにならない

画面を下に伏せて置いておくメリットとして、iOS9以降『フェイスダウン検知』という液晶画面がオフになる機能があります。

液晶画面がオフの状態に、例えばニュースアプリの通知なんかが来てもイチイチiPhoneの画面をオンにしないので、通知が多い方は伏せておくことでバッテリーの節約につながります。

また通知が多いとついついiPhoneを見てしまいますが、そういった仕事中の時間ロスにもつながります。

仕事中や特に打ち合わせ中なんかには画面を下向きに机に置いておくといいかもしれませんね。ちょっとした事ですが習慣づけると便利そうなので記事にしました。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。