iOS9 マップアプリの交通機関をチェック(海外)

SPONSORED LINK

iOS9 map

iOS9でMapアプリは更に機能強化がされています。何と言っても注目は交通機関!乗り換え案内的な使い方が出来るのだとか。ということで早速チェックしてみました。

使い方-日本は未対応なのね

日本 交通機関

使い方は目的地を検索し右下の『i(インフォメーション)』をタップするとメニューの中に『交通機関』が出ているのでタップ。

因みに東京タワーで試してみると「港区の交通機関情報は利用できません」との事

じゃどこが対応してんだよ!って調べてみるとアメリカの一部の都市(サンフランシスコ、シカゴ、ニューヨーク、フィラデルフィア、ボルチモア、ワシントンDC)とカナダのトロント、メキシコのメキシコシティ、ロンドン、中国のようです。

いざイギリスへ

交通機関

と言っても香川からイギリス内を調べただけです。ロンドンって何があるんだと悩んだんですが『バッキンガム宮殿』で交通機関表示が可能になりました。

確かにMapの表示がスッキリして交通機関がよりわかりやすく表示されています。

経路表示

このように乗り換え案内のような使い方も出来るようですね。こんなの見ちゃうと日本も早く対応して欲しいですね。まず東京と大阪だけでも出張時に助かります。

その他の機能

ターンバイターン

曲がり角に近づくと、マップが音声で進む方向を伝えるので、道路から目を離す必要はありません。さらに、画面は目の前の道路の3D透視図に変わります。道を曲がると、それに合わせてカメラのアングルもダイナミックに変わり、進む方向を表示します。

もう完全にナビの領域に踏み込んできてますね。車だけでなく徒歩・自転車でも音声を聞きながらで目的地にたどり着くことが出来るので脇見しなくてすみますね。

Flyover

主要な大都市は、写真のようにリアルに表示されるインタラクティブな3Dビューで上空から眺めることができます。

ストリートビューのような感覚で使えます。Mapアプリで世界を巡るなんて暇つぶしも可能になりました。

まとめ

どんどん便利になってきてるMapアプリ、随分見やすくなってますよね。行き先のレビューを見たりと旅行ガイド的な使い方も出来るので使用の幅がすごく広がった感があります。

iOS9 MapiOS9 Map

参考:Apple公式

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。