iOS8 通知センターとSpotlightを自分好みに変更する方法

通知センターとSpotlightの変更

iOS8では通知センターに表示する項目をサードパーティのアプリと連携できたりSpotLightでは結果として表示される項目を選択することができるので、より自分にあった表示にカスタマイズが可能です。

通知センターとSpotlightのカスタマイズ方法について書いておきます。

通知センターの変更方法

通知センター iOS8

画面上から下にスワイプすると現れる通知センター。ウィジェットとしての機能がiOS8では強化されサードパーティのアプリの内容を表示したり出来るようになっています。

通知センターの今日の部分で一番下までスクロールすると『編集』という項目があるのでタップします。

通知センター アプリ連携方法

編集をタップすると対応アプリが並んでいます。私は今回Omnifocusを追加しました。『+』アイコンをタップして追加し並び変えも可能です。

Omnifocusの場合は今日予定しているタスクがここで表示されるのがいいですね。

これ試してませんがThings等の他のタスク管理アプリが対応していれば、かなり便利な機能だと思います。

SpotLightの検索項目選択

Spotlight

ホーム画面で上から下に画面を少しずらせばSpotlightの検索窓が表示されます。iOS8からiPhone内の検索だけでなくWEBやiTunes Store等様々な検索結果を表示してくれるようになっている反面、要らない項目もあるのが事実。

そういった不要なものは非表示に設定しましょう。(デフォルトでは全て表示になっています)

Spotlight 項目選択

  1. 設定アプリの一般からSpotlight検索をタップ
  2. いらない項目のチェックを外す

設定はこれだけです。

Spotlightで目的のものにたどり着きにくい、表示が多すぎてウザいという方は必ず必要な項目に絞っておきましょう。

まとめ

iPhoneはこれまで自由度が少なく自分なりの端末はアプリの違いだけだったように思います。ただ今回のiOS8からアプリとの連携が凄くよくなり、Appleの機能に関わりが深くなったの自分なりの端末に一歩進んだ感じがしますね。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。

投稿者:

AKIRA MINAMI

WEB制作・App開発、その他デザイン関連をしています。楽しいことが大好きで遊びとサイトを融合させるよう日々精進しています。広告プロモーションも行なっております。興味がある方は気軽にご連絡下さい。