【iOS8.1+Yosemite】メッセージを必要なApple端末で送受信する設定方法

SPONSORED LINK

iOS8.1 メッセージ

これまでAppleの端末を複数持っていて同じAppleIDだった場合にiCloudアドレスへのメッセージは送受信が行えましたが、iOS8.1ではiPhoneの電話番号に送られるSMS/MMSのメッセージも端末を指定して送受信が出来るようになっています。


メッセージの転送方法

メッセージを手持ちのMacやiPadでも受け取れるようにするためにはiPhoneで端末を許可しておく必要があります。

メッセージ転送設定

設定アプリの『メッセージ』から『メッセージの転送』をタップします。そして同じAppleIDを登録している端末が表示されるので、転送を許可する端末だけチェックしましょう。

全端末強制でないのもいいですね。特にiPadを共有で使っているという方はチェックしないことをオススメします(笑)

もしメッセージ転送に出てこないなら

手持ちの端末が表示されないよという方は同一のAppleIDが設定されているかチェックしましょう。

iPhoneをチェック

AppleIDチェック

設定アプリの『メッセージ』から『送受信』をタップします。

AppleIDが他の端末と同一かを確認し、転送したい連絡先にチェックを入れます。

Macをチェック

Mac転送確認

メッセージアプリを起動し環境設定からAppleID及びアドレスの確認をしておきます。ここでiPhoneと同じアドレスにチェックが入っていればOKです。

まとめ Macからが便利すぎる

Mac メッセージ

Macでの送受信はものすごく便利!通知をクリックして直ぐに返信出来ますしキーボードでの入力は捗ります。

また『詳細』をクリックすると添付ファイルの確認やYosemiteの電話機能を使って電話もかけられます。このあたりのiPhoneとの連携はもの凄く良くなりましたね。

【Yosemite】FaceTime+iPhone=Macで電話が出来る!設定方法【Yosemite】FaceTime+iPhone=Macで電話が出来る!設定方法
参考:りんご人過去記事

設定がまだの方は是非やっておきましょう。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。