iOS8 iCloud DriveはMacユーザーお預け状態

SPONSORED LINK

iCloud Drive

iOS8リリースされましたね。私もリリース後直ぐにアップデートして色々と弄ってから寝たのですが、これからiOS8にアップデートするユーザーの方の中でMacを利用している方は注意点があるので書いておきます。


MacでiCloud利用している方はお預け

iOS8のインストール完了後に少しだけ初期設定があります。この時iCloudに関しての設定もあるのですが

iCloud Drive

現在iPhone・iPadにはiOSがアップデートされiCloud Driveの利用が可能になっています。しかしMacはYosemiteがまだのと言う事でiCloud Driveが利用できません。

そこで困るのがMacとの連携。iCloud Driveを有効化しちゃうとMacとファイルの保存先が変わってしまうのかな?例えばiCloud対応のアプリのファイルが別々のクラウド上に保存されるもしくは形式が変わる事で双方に読み込めない。

試していないので判りませんが…

とにかく賢明な方はYosemiteがリリースされるまで『今はしない』を選択しておくほうが良さそうですね。

ある意味iOS8の目玉機能なだけに残念な気がします。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。