App Storeアプリ iOS8の新機能と覚えておきたい便利な機能

SPONSORED LINK

AppStoreアプリ

りんご人なんてブログをやっているおかげで、私にとって一番面白いアプリは『AppStore』かもしれません。まぁ見てて飽きない。気が付くと1時間経ってたなんてよくあります。

このAppStoreアプリはiOS8になりさらにパワーアップしています。そこでiOS8で追加された新機能や覚えておきたい便利な機能をまとめてみました。

iOS8で追加された機能

アプリ プレビュー動画

アプリ プレビュー動画

これまで画像だけだったので操作感が見たいときはYoutubeや公式HPを探していたのですが、iOS8からプレビュー動画が見れるようになっています。

オススメページを下にスクロールさせると『プレビュー』の項目が追加されている他、個別アプリ詳細ページでも画像の部分に再生マークがついていればプレビュー動画を見ることが出来ます。

まとめ買いが出来る(バンドル)

バンドル

このアプリ面白い。この会社のアプリ使いやすいといった所謂ファン的なアプリに出会うこともあると思います。関連のアプリをすべて購入してみようという時にはバンドルをチェックしましょう。

関連アプリがまとめられた状態で、1つ1つ購入するよりもお得な価格で販売されています。

大人買いはバンドルがおすすめです。

ファミリー共有

ファミリー共有

ファミリー共有に登録している家族なら、家族の誰かが購入したアプリは登録している家族全員で使うことが出来ます。これはかなりお得ですね.

これまでガンガンにアプリを購入している私の妻は好きなのを使えちゃうわけです。

ファミリー共有ファミリー共有

参考:Apple公式

AppStoreの便利な機能

毎週貰える今週のAPP

今週のApp

毎週有料アプリが1本「今週のApp」として無料で配布されています。ジャンルは決まってなくて写真系や仕事効率化系のアプリは取り敢えず落として使って見るようにしています。

要らなければ削除しちゃえばいいので、毎週チェックしましょう。

ウィッシュリスト

ウィッシュリスト

Storeカードを使っている方は、欲しいアプリを見つけた時に残高がないという事もあると思います。そんな時にはウィッシュリストに登録しておけば後で検索して探さなくても購入できます。

登録方法は対象アプリの詳細画面で右上の共有アイコンをタップし『ウィッシュリストに追加』をタップすれば登録完了です。

私は使ってみたいなぁ⇒少し我慢という感じで使ってます。しばらくして欲しいと思わなくなったり、持っているアプリが同じ機能を実装したり、また値段が下がった時に購入というような活用をしています。

ギフトを贈る

ギフト

家族は『ファミリー共有』があるので必要無くなりましたが、友人やブログ運営者なら読者にプレゼントすることが出来ます。

ギフトコードとして金額で贈ったり、特定アプリがダウンロードできるコードを贈ったりすることが出来ます。

ギフトコードならおすすめの一番下の方にあり、特定アプリなら共有アイコンタップから『ギフト』を選択して贈ります。

購入済みアプリリスト

購入済みアプリ

暫く使っていないから削除したけど、また使ってみたいというアプリは検索でなかなか出てこなければ購入済みアプリから探すことが出来ます。

アップデート項目の一番上にあるので、タップして購入済みのアプリリストを表示させて目的のアプリを探しましょう。また削除しているものなら『このiPhone上にない』を選択すると捗ります。

まとめ

AppStoreアプリといっても色んなことが出来ますね。iOS8にして増えた機能・従来からある便利な機能ともに上手く使って楽しんで下さい。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。