AppleがMapの汚名をはらす!iOS7・Mavericksで大幅改善の予感

SPONSORED LINK

AppleがiOS6と同じ鉄は踏まないとMapの改善に力を入れているようです。様々なMap関連サービスの買収が行われ、iOS7・Mavericksではとんでも便利なMapになる予感がして仕方ない。


MapアプリiOS6の汚名を晴らす時が来た!

iOS6でこれまで使っていたGoogleMapとオサラバしApple独自のMap開発に踏み切り、とんでもない状況になったAppleのMap

一時はiTunesStoreでおすすめMapアプリといったサードパーティのMapアプリを紹介する始末。GoogleMapが登場すると利用者は我先にダウンロードしAppleのMapは最早誰も開かない無用のアプリへ

実は大分改善はされているんですが、実際GoogleMapがあれば必要ないと言うのも事実なんですよね。

しかし!!思い出して下さい。次期MacOS MavericksにはMapアプリが搭載されるということを!

Map01

これでiOS6の二の舞なら面白すぎるやろ!って突っ込んでしまいますが、Apple程の企業がそんな失敗はしないと信じたい!またそう思わせるのに水面下で繰り広げられる買収劇があるのです。

2つの記事から読み解く位置情報の強化と道案内機能の搭載

まずは買収劇に関する記事を2つご紹介します。

この2つの記事から分かるように「Locationary」の買収によってMapに表示される企業・店舗の充実と制度の高い更新。「HopStop」の買収で乗換案内機能の搭載が見えてくるわけです。

ただ気になるのはHopStopは2005年に開始、現在は米国内の140を超える都市、米国外でも6カ国で展開しているサービス。

実際新OSリリースまでの時間を考えると日本のMap対応は間に合わないのではないでしょうか。

あとがき りんご人の期待

まぁGoogleMapがかなり使えるだけに、逆に急ぐ必要もないと思うんですよね。最終的に使えるアプリになってくれればいいわけですし、OSアップデートの度に楽しみがあるのもいい事です。

米国だけ完全版であとは放置といった事だけはないように願います。

どうせならナビもつけないかな。Siriが道案内してくれたらいいのにと期待する @dnc_akiraでした。

SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。