iOS10の共有機能をフル活用

共有機能

iOS10になりメモの共有等も追加されiPhoneで今していることを他のiPhoneユーザーと共有しやすくなりました。そこでiPhoneの様々な共有機能をまとめてみたいと思います。

1.メモを共有して共同作業

メモ共有

メモ自体を共有できるようになりアイデア・文章などを共有しやすくなりました。メモには写真といった画像データやリストというように様々なものが貼り付けられるので、仕事でもプライベートでも活躍します。

2.リマインダーの共有

リマインダー共有

共同作業でのタスク管理はリマインダーの共有でバッチリです。また買い物等のお願いもリマインダーでリストにしてメールで共有するだけなのでお願いしやすいですね。電話で伝えるよりも相手も買い忘れがなくなります。

3.MAP共有で今いる場所を案内

MAP共有

自分の現在地を相手に伝える際にMAPの共有が役立ちます。地図で今いる場所や目的地を表示しメッセージで送るだけ。受け取った相手は開いて経路案内をすればいいんですから確実に目的地にたどり着きますね。

4.Safariで見ているページを共有

Safari共有

例えば週末に友達と出かける際。「ここに行こう」という事でSafariで調べたページをメッセージで共有すると便利です。そのままメッセージで「いいね」とか「やっぱこっちは?」とかやりとり出来ますし自分が見て選んだWEBページを見せられるのは非常にお手軽です。

5.予定に参加者として追加

スケジュールの共有

カレンダーアプリのスケジュールを共有したい時は『予定出席者』として追加すると便利です。相手には参加の連絡が届くのでカレンダー丸々を共有するのではなくピンポイントで行事に招待するような感覚で使えるのが丁度いいです。

まとめ

他にも写真の共有など様々な共有が簡単にできるのがiOSのいいところだと思います。iPhoneを使い始めた頃はMacとのシームレスな同期に感動していましたが、今ではiPhoneだけで公私共に共有機能を活用することで友人や家族と同期が出来ています。

あまり使ったことが無い方も多い共有機能。便利なので是非活用してみて下さい。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。

投稿者:

AKIRA MINAMI

WEB制作・App開発、その他デザイン関連をしています。楽しいことが大好きで遊びとサイトを融合させるよう日々精進しています。広告プロモーションも行なっております。興味がある方は気軽にご連絡下さい。