タイムラプス動画が簡単に撮影できる!手ぶれ補正も強力な『Hyperlapse』の使い方

SPONSORED LINK

Instagram hyperlapse

いきなり言います『神アプリ』。写真の共有で有名なInstagramが強力な手ぶれ補正で手持ちでタイムラプス動画が撮影できる『Hyperlapse』をリリース

早速使ってみたら凄く面白かったのでHyperlapseの使い方や実際に私が撮影したものを記事にしてみます。

タイムラプス動画とは

まずタイムラプス動画ってなんぞやと言う方も多いと思います。百聞は一見にしかずということでYoutubeにあった動画を共有します。

TVのCMなんかでよく使われるので、こんな動画見たことがあると思います。このように定点カメラのような長い時間の撮影をギュッと凝縮して動画にしたものが多く見られます。

ただそれだけでなくiPhoneアプリという特製を生かせば自分が動きながら撮影することも可能です。

撮影方法-アプリの使い方

Hyperlapse01

早速使い方を解説していくわけですが、基本的に手持ちで大丈夫だと思います。しかし固定できるものがあればさらに面白いタイムラプス動画を撮影できるかもしれません。

これについては撮影のコツで書いてみます。

Instagram Hyperlapse 使い方

撮影方法は非常に簡単で丸ボタンをタップするだけで撮影は始まります。しかし光量が不足しているとメッセージが出ます。この時実は何もかかれていないのですが、現在見えている部分の暗い場所をタップすることで基準になり明るくなります。逆に明るすぎる場合は明るい部分を画面上でタップすれば全体的に暗くなります。

再度丸ボタンをタップで撮影が始まります。

丸ボタンの下に表示されているのは18秒(左側)撮影した動画が3秒(右側)に圧縮されているということです。(1/6に縮小)

hyperlapse 動画共有

撮影が完了すると縮小率を変更する事ができます。デフォルトは6倍速なんですが、12倍速に変更したり遅くすることも出来ます。

右上のチェックマークをタップすると縮小率に従って動画が作成されカメラロールに自動で保存されます。

その後シェアをタップすればFacebookもしくはInstagramを選ぶことができます。ここでInstagramを選ぶと動画の長さ調整やフィルターといったinstagaramの機能で動画を更に編集し共有することが可能です。

撮影のコツ・楽しみ方

では実際どんなものを撮影したら面白いのかを考えてみると、定点撮影なら花の開花や人の動きでしょうか。

滅多に咲かない花が開く瞬間なんか凄くシェアされそうですね!また子供の野球やサッカーの試合の得点シーンや子供が活躍したシーンを倍速で見てみると凄く楽しめると思います。

ただこのアプリ。折角なので自分が動いて撮影してみるともっと面白いのではないでしょうか。

例えば自転車や自動車にiPhoneを固定して撮影すればどうでしょう。GoProのような動きがあるタイムラプス動画が楽しめますよね。

自転車なら歩きよりもハイスピードな動画が撮影できますし友達をうならせるものが出来るかもしれませんね。

実際に撮影してみた

こちらが実際に先日私が歩きながら撮影した動画です。実際はもっと長く撮影したのですがInstagramでの共有は上限が15秒の為Instagramで共有する際『動画を範囲選択』してアップしました。

この時家族が後ろを歩いていたので振り返ったりしてかなり手がぶれたのですが、大きな動き以外は気にならないほどの手ぶれ補正です。(歩きながらの撮影です。)

まとめ

これまでの写真では伝えきれなかった動きが動画よりも簡易に共有出来るようになりますね。歩きながらや立ち止まっての定点撮影どちらも凄く楽しめると思います。

Hyperlapse from Instagram
カテゴリ: 写真/ビデオ
価格: 無料(記事公開時)

APP STORE
最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。