『Dr.Wallet』が凄い!面倒な家計簿はレシートの撮影だけで大丈夫

SPONSORED LINK

Dr.Wallet

つい先日何気なくダウンロードし試しに使ってみたのですが、この『Dr.Wallet』に惚れました!

レシートをiPhoneで撮影するだけという簡単な操作のみで支出の管理が凄く捗ります。では先日撮影したものからレビューしてみたいと思います。


Dr.Walletの特徴

このアプリに似たアプリは幾つかありますが、とにかく認識の精度が半端無いのです。

  • 150人以上のオペレーターがレシート、領収書を目視認識、入力代行
  • 日本最高99.98%以上の精度でデータ化
  • 基本操作は専用のスマホアプリでデータを撮るだけ
  • 自動で費目を決めグラフ化

下で画像を掲載していますが、大手チェーン店だけでなく個人で運営されているような店舗のレシートでも店舗名から認識し誤字無く反映されていたのにはびっくりしました。

これまで使っていたアプリはコンビニの精度はよかったが、個人店舗になると途端に認識率が悪かったのでかなり重宝しそうです。

Dr.WalletDr.Wallet
無料家計簿ドクターウォレットは、家計簿アプリ(iPhone、Android)からレシートの写真を撮って送るだけで、家計簿データを人力で入力代行!カテゴリ分類も自動で行い、綺麗なグラフや、あなただけのカルテから家計の改善を行う事ができます

アプリの使い方

Dr,Wallet アプリ起動

アプリを起動させるとメールアドレスもしくはFacebook・Google+で無料登録を行います。

登録がすめば、あとはレシートを撮影していくだけです。

レシート撮影

カレンダーが表示された画面になるので、下部中央のカメラアイコンからレシートを撮影していきます。写真はぶれちゃってますが、枠線に合わせて撮影します。

撮影後の表示

レシートからカレンダーに支出額が追加されています。Syncアイコンをタップすればデータ化されたレシートが表示されるので、そこから詳細情報のチェックや修正が行えます。

詳細情報と支出グラフ

レシート通りに詳細情報が入力されているのがわかると思います。ここで『ケーキセ』というのが気持ち悪い方は右上のアイコンを使って『ケーキセット』に直しましょう。

家計簿の活用

ここで注目して欲しいのは

  • グリーンパレット(店舗名)
  • 外食費(費目)

有名チェーン店でなくてもしっかりと店舗名が反映され外食費が費目で計上されています。そしてグラフを表示させれば費目ごとの支出のパロメータが一目でわかるのです。

家計簿をつけるということは、あとで何を見直すかといえばどういった費目に使いすぎている傾向を知ることです。レシートをとり続ければ不思議と毎月同じ費目の支出が多い傾向になると思います。

それが個人の生活習慣なんですね。

全体の支出の中でどういった費目の割合が多いのかを知ることで、自分の生活習慣を見直すキッカケになるのです。

まとめ かなり優秀!

レシートもその場で撮影すればいいんですが、大体溜まってから撮影しませんか?でもそれでも十分対応できるのが『Dr.Wallet』の利点であると思います。

手入力をほぼすること無く、自分の生活習慣が見直せるなんて便利な時代ですね。

私も使い始めたばかりなんですが、使い続けて何か気づきがあればまた記事にしたいと思います。

もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。

SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。