iPhone6/6Plusブック型ケース選びのたった1つの注意点

SPONSORED LINK

iPhoneブック型ケース

iPhone6Plus用のブック型ケースを購入した私ですが先日写真を取る際これはイカンと思ったことがありまして、これからケースを購入する方は気をつけて欲しい事に気づきました。

たったひとつの不具合なんですが、是非ケース選びの参考にしていただきたい。


右開きのブック型ケースの不具合

右開きケース

iPhone自体を左側にセットして右開きで使用するタイプのブック型ケースの中で、この写真のようにスタンドのように折って使えるタイプものを購入する場合は注意が必要です。

私の妻が購入したものはiPhoneを左側にセットし左開きで使用します。左手で持って右手で操作となると私が購入したもの方が本と同じで安定するのでは思っていたのですが大きな落とし穴があったのです。

写真撮影時にケースがあたる

先日タイムラプス撮影をした記事を書きましたが、その際動画の左上に少し影が出来ていたんですね。指は当たっていないのになんでだろうと自宅でいろいろとチェックしていた結果

カメラ部が動く

ケース自体でスタンドのようにするためカメラがついている部分が動くようになっているのです。撮影時にも注意しないと持ち方によっては隙間ができてカメラにケースが被ってたわけですね。

撮影時の不具合例

極端に言えばこんな感じで撮影してしまうということ。

これを回避するには

ケースの当たらない持ち方

このようにケースを完全に折り曲げて撮影すれば問題ありませんが、この姿自体に問題があると思いませんかw

ここで納得したのが右に設置し左開きで利用するケース。カメラの部分は完全に固定されているので邪魔になりませんよね。ちょっとした事なんですが写真を取るときにストレスを感じることは間違いないので注意してください。

あとがき

それにしても家電量販店なんかでiPhoneケースを見るとiPhone6のラインナップの多さとiPhone6 Plusのラインナップの少なさに愕然とします。

しかもブック型のケースは結構高額なのでそうそう買い換えることも出来ませんよね。ただ私今回の不具合で買い換えるつもりでいます。

普通のケースがいいんですが、購入から既に3回以上ポケットから落下させている私はブック型ケースの耐久力に助けられているのでまたブック型を買おうと思っています。もちろん右側にセットし左開きで使用するものを…

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。