iPhoneを拡大鏡として使う設定方法

拡大鏡

43歳になってから「老眼かな?」と感じる時があります。元々近眼なのとWEBお仕事・iPhoneの登場で視力の低下は著しい。

そこで小さな文字なんかを読む時にiPhoneを拡大鏡代わりに使う設定を書いておきます。

iPhoneを拡大鏡にする設定

単純にカメラアプリを起動させてズームすればいいんですが、何だか一々ややこしいですよね。今回の方法はドコからでもホームボタンを3回クリックで拡大表示されたカメラアプリが起動する方法です。

拡大鏡設定

設定アプリ→『一般』→『アクセシビリティ』→『拡大鏡』

ここで拡大鏡を『ON』の状態にしてやるとホームボタン3クリックでズーム調整されたカメラアプリが起動します。

拡大鏡表示

こちらが拡大鏡で本を見た状態です。確かに文字が大きく読めますね。まぁ本や新聞程度ならまだ大丈夫なので出番は先ですが、疲れている時で読みにくいと感じたらいいかもしれませんね。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。

投稿者:

AKIRA MINAMI

WEB制作・App開発、その他デザイン関連をしています。楽しいことが大好きで遊びとサイトを融合させるよう日々精進しています。広告プロモーションも行なっております。興味がある方は気軽にご連絡下さい。