iPhoneのバックアップ時「バックアップが壊れているか…」と表示された時の対処法

SPONSORED LINK

iTunes同期

iPhoneをUSBケーブルに指してiTunesに自動バックアップを取る際に「バックアップが壊れているか、復元対象のiPhoneと互換性がないため、iPhone”iPhone6 Plusのバックアップを作成できませんでした。」と表示されました。

こんなメッセージが出た方の対処方法について書いておきます。

バックアップ時エラーの対処方法

まずはiTunesの設定画面を開きます。『iTunes』→『環境設定』(Windowsの場合は編集→設定)

itunes設定

デバイスタブを開くとデバイスのバックアップ一覧が表示されます。この時iPhone6Plusのトコにロックマークがついていました。このロックマークが原因かどうかがわかりませんが、取り敢えずこのファイルを選択し『バックアップを削除』をクリックします。

これでiPhone6 Plusのバックアップデータはなくなりました。

次にiTunesのデバイスアイコンで該当するデバイス(この場合はiPhone6Plus)を選びます。

今すぐバックアップ

バックアップ部分の『今すぐバックアップ』をクリックしバックアップデータを作成します。

これで完了です。

まとめ

取り敢えずこの後はiTunesでの自動バックアップ時にエラーメッセージが出ることはなくなりました。

何が原因なのかはわかっていませんが、取り敢えず対処できたので覚書として書いておきました。同じような症状で困ってる方は試してみてください。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。