AssistiveTouchをカスタマイズして使ってみる

AssistiveTouch カスタマイズ

iPhoneのホームボタンの感度が悪くなった時に活躍する『AssistiveTouch』機能をiOS9からカスタマイズできるようになっています。これを上手く使って便利なメニューが出来ないかと試してみました。

AssistiveTouch カスタマイズ方法

カスタマイズ1

設定アプリの一般メニューから

アクセシビリティ⇒AssistiveTouch⇒最上位レベルのカスタマイズを選択します。

メニューのカスタマイズ

配置が表示されるのでタップして好きな操作を設定していきます。因みに最大で8個まで動作を設定することが出来ます。

最後にAssistiveTouchをONにすればOKです。

AssistiveTouchの表示

Assistivetouch custom03

AssistivetouchをONにするとこのように薄いボタンのようなものが表示されます。タップすると先ほど設定したメニューが画面に出てくるわけです。

今のところ機能として便利そうなのは『スクリーンショットの撮影』くらいですかね。

まとめ

良くも悪くもAppleがiOSをサードパーティに開放したおかげで今後こういったAssistivetouch部分でもサードパーティアプリの動作を追加できるようになるかもしれませんね。

コントロールセンターや通知部分のようにランチャー機能として活用できる日がくるかもしれませんね。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。

投稿者:

AKIRA MINAMI

WEB制作・App開発、その他デザイン関連をしています。楽しいことが大好きで遊びとサイトを融合させるよう日々精進しています。広告プロモーションも行なっております。興味がある方は気軽にご連絡下さい。