iPhone6S/6SPlus+AirPodsで通話中の不具合

SPONSORED LINK

Airpods 不具合

AirPodsをiPhone6S/6SPlusと接続させた際の通話中に切断されてしまう不具合が報告されているようです。

内容は昨日のLinkmanの記事によりますと

あるユーザーは通話中に突然オーディオに切り替わり、さらにまた再接続されるといった現象が複数回あったそうで、非常に通話がしづらいと報告しています。
この問題は現時点で「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」でのみ起こっている問題のようで、「iPhone 7」では発生しないようです。
引用元:Linkman

Appleも原因調査に乗り出しているようですが再接続させても改善しないとの事、ただ同記事には対策が書かれてました。

片方だけを装着した状態では発生しない

現在iPhone6S/6SPlusとAirPodsを使っているという方は通話の際には片方だけで使うというのを覚えておくといいですね。全てのAirPods+iPhone6S/6SPlusで発生しているというわけではないようですが、もし切れた方は片方だけで大丈夫のようです。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。