iPhone6 Plusランドスケープモード時ボタンの機能と8つのアプリの表示領域

SPONSORED LINK

iPhone6Plus ランドスケープモードでのキーボード

iPhone6 Plusに変えて良かった事の中にテキスト入力のしやすさがあります。特にランドスケープモード(横向き表示)時の入力が凄く捗るようになりました。

今回は横向きにした時のキーボードの配置と新たに追加されたボタン、そして現在私のiPhoneに入っているテクスト入力系のアプリ8つを横向きにした時の表示についてまとめてみます。

キーボードのボタン機能

iPhone6Plusで見た時のキーボードの配列や特殊キーについて標準のメモアプリを使ってキャプチャを撮ってみました。

日本語かな入力

日本語かな入力

  1. カーソル移動
  2. 顔文字
  3. 元に戻す
  4. 変換候補

両手使いになるので右手でフリックし左手親指で候補から選ぶ感じですね。なかなか使い心地は良いと思います。

カーソルキーが追加されたのが1文字ずらすのに苦になっていたので便利になりましたね。

日本語ローマ字

日本語ローマ字入力

  1. 切り取り
  2. コピー
  3. カーソル移動
  4. 貼り付け
  5. 太字
  6. 元に戻す
  7. キーボードを隠す
  8. 変換候補

PCのキーボードに慣れているという方は日本語ローマ字入力のほうが捗るでしょう。私もフリック入力より遥かに早いです。

iPhone6 Plusの大きさが最大限生かされる入力方法だと思います。

サードパーティ製キーボード

TextExpanderキーボード

iOS8からサードパーティ製のキーボードを追加できるようになっています。私はATOKは現在様子見でTextExpanderだけを対応させています。

キーボード自体が大きく表示されることもなくテキストの表示範囲が広いのがいいですね。とはいってもTextExpanderキーボードは登録しているスニペットを入力する為だけに使ってます。

TextExpander iOS8対応版でキーボード追加が可能になったTextExpander iOS8対応版でキーボード追加が可能になった

過去記事

サードパーティ製アプリの表示領域比較

入力する時に私が重視する点は文章の表示領域が狭すぎないかということです。これに関しては好みの問題もありキーボードの範囲が広くタッチのしやすさに拘る方もいるかもしれません。

iPhone6 Plusでテキスト入力系のアプリを探してる方はランドスケープモード時の表示で選ぶのもいいと思います。

Byword

Byword ランドスケープモード

文字も打ちやすいですし上部のメニュー分表示領域で狭くなりますが、マークダウン記法にも対応していますしEverNoteにも保存(アプリ内課金が必要)できるのでメインで使っています。ただMac版を使っているからという理由が大きいです。

Byword
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥300(記事公開時)

APP STORE

Textastic

Textastic

iPhoneを使ってHTMLなどのコードを書く為のアプリ。専用キーボードの特殊キーが小さくなっているのと表示領域が狭いのが残念です。とは言えコードを書くには今のところ一番便利だと思ってます。

Textastic Code Editor for iPhone
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥900(記事公開時)

APP STORE

するぷろ

するぷろ

iOS8のランドスケープモードにもしっかり対応されていて、右の入力部分と左のプレビュー部に分かれていて凄く使いやすそう。モブログはやるやる詐欺になってるので、iPhone6 Plusを持ったからこそモブログを始めてみようと思います。

するぷろ for iOS (WordPress & Movable Type & ライブドアブログ & FC2ブログエディタ)
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
価格: ¥500(記事公開時)

APP STORE

EVERNOTE

EVERNOTE

流石はEVERNOTEという感じで表示領域はかなり広め、かといってキーボードが小さいという感じはしません。無料で使えますし便利なサービスなのでまずは入れておきたいアプリ

Evernote
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料(記事公開時)

APP STORE

Textforce

Textforce

写真がバグってるのではなく、ランドスケープモードに対応していないようです。かなり人気のアプリでDropbox連携出来るからMacのScrivnerとも連動できるので今後の対応に期待したいアプリです。

テキスト編集 Textforce for Dropbox
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥300(記事公開時)

APP STORE

MetaMoji Note

MetaMoji Note

表示領域はかなり狭いです。ただこのアプリは手書きなんかで使うのを考えるとランドスケープモードよりも普通に使うほうが効果的かな。テキスト入力だけを考えた場合候補から外れるように思います。

MetaMoJi Note – 手書きノート&PDF+録音
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥500(記事公開時)

APP STORE

Write

Write

Writeも表示領域は狭い印象。逆にキーが大きいので打ちやすい。打ちやすさ重視の人にはおすすめですね。またiCloud・Dropboxとも連携可能です。ファイル管理も意外としやすい。

Write for iPhone – A Note Taking and Markdown Writing App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥200(記事公開時)

APP STORE

Day One

DayOne

表示領域は特殊キーが幅いっぱいに広がっていないので広く感じます。日記のような使い方がメインですが、私はネタ帳的な使い方をしています。毎日の記録等にいいですよ。

Day One (日誌 / 日記)
カテゴリ: ライフスタイル
価格: ¥500(記事公開時)

APP STORE

まとめ

用途的にはバラバラのアプリなので、この中から選んでみてはという書き方は良くなかったかもしれませんね。ただ何かを書く・記録するという行動は日常のことなので、毎日触るなら拘って使っていただきたい。

キーボードの大きさなのか・表示領域の大きさなのか意見は分かれる部分ですが入力が心地よく感じることが一番の続ける秘訣だと思います。

私は見た目のバランスも気になる性格なので、DayOne・Bywordをメインで使ってます。(Macユーザーであると言うことも大きい)

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。