iPadをMacに繋いでサブディスプレイ化する『Duet Display』

SPONSORED LINK

Duet Display

MacBookProやAirを使っていて思うのはやはり2つめのディスプレイが欲しいと言う事。私はそこで2つめの安いディスプレイを購入しダブルディスプレイで自宅では作業しているわけですが、iPadをWi-fiで繋いでトリプルディスプレイとして使う事もあります。

今回はiOSデバイスをMacとLightningケーブルで繋いでディスプレイとして利用する新技術が開発されたというのでご紹介します。

Duet Displayとは

これまでiPadをサブディスプレイとして使う方法はWi-fi接続で利用するものばかりでした。今回紹介するDuetDisplayはLightningケーブルでMacと有線接続で行われるというのが大きな違いになります。

有線になるとどうなるのかということですが、遅延がWi-fiに比べ遥かに少なくストレスを感じずに作業ができるというのが利点でしょう。

一方Wi-fi接続では

ではこれまでwi-fi接続に関してはどうなんだろうという事なんですが、実際私は以前iPadを含めトリプルディスプレイの環境で作業していたことがあります。

夢のトリプルディスプレイ!私のデスク環境とAirDisplayiPadレビュー夢のトリプルディスプレイ!私のデスク環境とAirDisplayiPadレビュー

参考:フリーランスの話のタネ

これにはAirDisplayというiPadアプリを使っていました。

Air Display 2
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥1,000(記事公開時)

APP STORE

実際速度にストレスを感じたことはなかったのですが、サイズ的はやはり小さいのとアームのように高さを調節してMacの画面の高さに合わせるのが大変だったりします。

ただ画面ミラーとしても使えるのでMacの操作をiPadを渡して見てもらえるというのが打ち合わせなんかで凄く捗ります。

DuetDisplay使用に関して

DuetDisplay使用にはOSの制限があります。

  • MAC:10.9+
  • iPad:iOS 5.1.1+
  • iPhone:iOS 5.1.1+

あとWEBではLightningケーブルで繋いでと書かれていたのですが私のiPad3は旧のケーブルなので使えないのかもしれませんね。

Duet Display
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥1,000(記事公開時)

APP STORE

AppStoreを見る感じではLightningケーブルだけでなく30Pinケーブルでもいけるようですね。ただ購入したユーザーの評価を見てみると皆が肯定的な中、不具合について書いてくれているブログもありました。

iPadをMacのサブディスプレとして使用することが出来る「Duet Display」のレビューと不具合まとめ。iPadをMacのサブディスプレとして使用することが出来る「Duet Display」のレビューと不具合まとめ。

参考:Appleちゃんねる

まとめ

実際利用してみたいという方はアームスタンドを合わせて購入することをおすすめします。

BESTEK iPad スタンド ホルダー フレキシブル アーム 卓上BESTEK iPad スタンド ホルダー フレキシブル アーム 卓上
ベッド上 360度調整可能 iPad mini/iPad air/iPad2/3/4 用三つのホルダーが付属
BESTEK
Amazon 詳細ページ

これは画面の高さが合わないと凄くストレスを感じるからです。逆に画面の高ささえあえばAirDisPlayでもほぼ快適なんですけどね(笑)

参考:Duet Display
最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。