【シャドバ】TOG環境ウロボロス入りランプドラゴン デッキ例

SPONSORED LINK

ランプドラゴン

ウロボロスを主軸で考えたランプドラゴンデッキとサハクィエルを入れたニュートラル寄せのランプドラゴンの両方を組んだのですが、私はウロボロス入りの方が使いやすいというか勝てたので『ウロボロス入りランプドラゴン』デッキを紹介します。

TOG環境ランプドラゴン構成例

デッキ編成

  • 風読みの少年・ゼル✕3(2)
  • 竜の託宣✕3(2)
  • サラマンダーブレス✕3(2)
  • 風の軍神・グリームニル✕3(3)
  • ドラゴンナイト・アイラ✕3(3)
  • ドラゴンウォーリア✕3(4)
  • ラハブ✕3(4)
  • 水竜神の巫女✕2(5)
  • 竜の闘気✕3(5)
  • ケイオスドラゴン・アジルス(騎竜兵)✕3(6)
  • ダークドラグーン・フォルテ✕2(6)
  • ライトニングブラスト✕2(6)
  • ウロボロス✕2(8)
  • ダークエンジェル・オリヴィエ✕1(9)
  • バハムート✕3(10)
  • ゼウス✕1(10)

ライトニングブラストとゼウスが入れ替え候補で水竜神の巫女は持ってたら3枚がいいですね。私は3枚目を作成しようか迷ってます。オリヴィエは入ってたほうがいいですね。

キーカード

ウロボロス

ウロボロス

出して3点、倒されて回復3点しかも手札に戻るので使い回しが可能。10コス時にゼル進化で疾走つければ11点ダメージを与えることが可能です。

水竜神の巫女

水竜神の巫女

PPブースト&ターン終了時回復ということで相手にほぼ除去を強要するのでかなり使い勝手がいいです。盤面にもし残れば次ターンで4点与えて3点回復と今回の大当たりカードではないでしょうか。

風読みの少年・ゼル

風読みの少年・ゼル

序盤よりも終盤に活躍するカード。上記でも書いたように10コスならウロボロスに疾走付けれますし、8ターン目ならケイオスドラゴン・アジルス(騎竜兵)に疾走が付けられます。ただ一番強いムーブはサハクィエル入りで9ターン目サハクィエルからのバハムートで疾走13点!かなり使えますね。

ウロボロス入りランプドラゴン デッキ使用感

使用感

やはり序盤にどれだけPPブーストが出来るかが鍵になりますが、アグロ相手には序盤から除去していったほうが勝てます。アグロネクロも多いのでブレイジングブレスを入れるのもありかな。

ただ現在非常にランプドラゴン(サハクィエル含む)が多いので、そろそろネフティスなんかも出てきそう。その時にはライトニングブラストが有効ですね。

相手によっての立ち回りが上手くできればかなり勝ちやすくなった気がしますし楽しいです。

勝ちにこだわる方は疾走ドラゴンの方が今勝ちやすい気がしますが(笑)
関連リンク:TOG環境デッキまとめ
最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。