【シャドバ】ディスカードドラゴン デッキ例

SPONSORED LINK

ディスカードドラゴンデッキ

インペリアルドラグーンが1枚引けたのでもう1枚を作ってインペリアルドラグーンの2枚編成のデッキレシピを探したところ、デッキを組まれている方がいたので参考に使ってみたら、ディスカードドラゴンが凄く面白いデッキだったのでご紹介します。

ディスカードドラゴン構成例

デッキ構成

  • ドラゴニュートスカラー✕2(2)
  • 荒牙の竜少女✕3(2)
  • 煌牙の戦士・キット✕3(2)
  • 竜の託宣✕3(2)
  • サラマンダーブレス✕3(2)
  • ドラゴンナイト・アイラ✕2(3)
  • グリフォンナイト✕3(3)
  • 竜巫女の儀式✕3(3)
  • ウリエル✕2(4)
  • ジークフリート✕3(4)
  • 輝石のドラゴン✕3(4)
  • 死の舞踏✕2(5)
  • ダークドラグーン・フォルテ✕3(6)
  • オウルガーディアン✕2(6)
  • インペリアルドラグーン✕2(9)

最初に書いた通りこれはYoutuberのハル@カードゲーマーさんがアップされているデッキ構成です。

キーカード

インペリアルドラグーン

理想を言えばこのカードを出したファンファーレでフェイスを削りきって勝利というのが望ましいです。それまでにフォルテなんかで削っていれば最高ですね。

竜巫女の儀式

手札を捨てただけ補充してくれる『竜巫女の儀式』これがないと始まりません。またインペリアルドラグーンを出したターンに倒せなかった場合もインペリアルドラグーンで捨てたカードを補充した際にフォルテを引いてきてれば次ターンでリーサルという場面も多いです。

輝石のドラゴン

2枚コストの最小カードから2枚入れ替え(竜巫女の儀式がある場合)、倒された時に3枚手札補充とかなりディスカードに刺さりますね。このカードのおかげでインペリアルドラグーン出すときまでに手札が潤います。

煌牙の戦士・キット

捨てられたら場に出てくるというかなり便利なカード。序盤にボチボチ削っていく場合に盤面が増えるので非常に役立ちます。

まとめ-使用感

これが今回参考にした構成の動画です。竜巫女3枚・ウリエル2枚のおかげで竜巫女の儀式が全く引けないなんてことは少ないのですが、やはり序盤で引けないと厳しい感はありますね。

またマリガンではドラゴニュートスカラーなんか欲しいかも。ウィッチ戦では全く役立たないですが(笑)攻撃を受けないので序盤ジワジワ削るのにも役立ちます。

インペリアルドラグーンが引けるかどうかというのもありますが、手札が回ってフォルテで削りきれることもありますね。ただこのデッキ非常に使ってて面白いと思いました。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。