萌えキャラ武将で三国志を楽しむ!三国志戦姫の遊び方とレビュー

SPONSORED LINK

三国志戦姫

三国志を萌えキャラで楽しむなんてコンセプトの基本無料ゲームは多く出ています。その中でも比較的新しいのがこの『三国志戦姫』です。

ゲーム構成はよくあるカード集め・ポチゲーなんですがストーリーの面白さと他のユーザーとの交流が凄いんです。ではゲーム開始から基本プレイについてと感想をまとめてみます。

三国志戦姫のゲームの流れ

ゲームの進行

ゲーム進行2

このゲームの基本的な流れをまず解説すると

  1. 物語・ガチャ:レア武将の収集・強化
  2. 対決:他のプレイヤーとの対決
  3. 選抜戦:所属チームで頂点を目指す

単純にこういった流れだと思います。1人で遊ぶというよりも武将集め・育成強化は一人で行い、チームに所属してチャットなんかを楽しみながら選抜戦で頂点を目指します。

ではそれぞれ詳しく解説していきます。

ゲームの遊び方

国選び

まずは所属国選びなんですが、魏・呉・蜀の三国から好きな国を選びます。人気は曹操の魏か劉備の蜀なんだと思います。ここはキャラで選んでもいいですし、漫画を読んだ思い入れでもいいと思います。

物語をプレイ

物語1

物語は各章で三国志の基本を抑えつつ萌えキャラ風にアレンジしたストーリーが楽しめます。出現する敵はタップするだけ倒します。この時にスタミナが減少しますが経験値が増加します。経験値が規定値に達するとレベルが上がりより多くの行動が出来るようになるのとスタミナが全回復します。

左慈

稀に出現する『左慈』が武将GETのチャンス!アイテムの『みかん』を持っていれば3つの中から1体が入手できます。ただし選べません(笑)

敵武将と遭遇

敵将と遭遇した場合は戦闘画面に変わります。相手のHPを削りとれれば勝利です。

その他

他にも左慈の他に于吉がアイテムをくれたり、宝箱が落ちていたり。他のプレイヤーと遭遇してチャットが出来たりと楽しめる要素もあります。

選抜戦をプレイ

選抜戦

もう一つは選抜戦。義勇軍に参加(チュートリアル中に参加できます)していれば選抜戦に出ることが出来ます。戦う方法は物語の敵将とのバトルと同じような方法で、相手の防御力よりも自分の攻撃力が勝りHPを削り取ることが出来るかという感じです。

アイテムなどを使って攻撃力を上げることも出来るので積極的に参加したほうがいいかも。また義勇軍内でメッセージのやりとりも出来るのでゲーム攻略に情報交換も出来ますね。

天下統一戦!!

天下統一戦1

天下統一戦2

冒頭でも書いた天下統一戦でトップを目指すのがこのゲームの最大の目的です。そもそも選抜戦で上位20位以内に入らなければ参加することすら出来ないという敷居の高さなんです。

登録でプレゼントも

プレゼント

今だけのキャンペーンなのかずっとなのか判りませんが、アプリをダウンロードしてチュートリアルを進めると武将やアイテムをGET出来ます。

  • 許褚
  • 貂蝉

なんだか『貂蝉』ってどんなゲームでも最初のプレゼントになってますよね(笑)貂蝉に関しては連続ログインで最終進化までいけるのがいいですね。

まとめ・感想

チュートリアルをある程度進めた段階で結構な回数のガチャが無料で回せます。その中で★4のレアが3体(張郃・馬岱・魯粛)そしてプレゼントの許褚と貂蝉でなかなか潤ったスタートなのかな?

ゲーム性はパズルなどはないポチポチゲーですがストーリーは萌え武将のお陰で新鮮に読めます。

まぁチャットで仲間と盛り上がりながらの選抜戦メインで考えると、こういった感じのゲームが好きな方ならそれなりに楽しめるのではないでしょうか。

三国志戦姫~乱世に舞う乙女たち~
カテゴリ: ゲーム
価格: 無料(記事公開時)

PC/MACiPhone
最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。