【パズドラ】ヘラ・イース杯!覚醒劉備PTでの立ち回りと予想ボーダーライン

SPONSORED LINK

ヘラ・イース杯

ヘラ・イース杯【継承スキル無効】が開幕したので覚醒劉備パーティで10%以内には簡単に入れました。そこで私の編成と立ち回り。あとは1%以内の予想ボーダーラインをまとめてみます。

ヘラ・イース杯 概要

開催期間:08/08(月)00:00~08/14(日)23:59

  • 1%:王冠/ハイぷれドラ/ヤミピィ/ホノピィ/ミズピィ
  • 10%:ハイぷれドラ/ヤミピィ/ホノピィ/ミズピィ
  • 20%:ハイぷれドラ/ヤミピィ/ホノピィ
  • 30%:ハイぷれドラ/ヤミピィ
  • 40%:ぷれドラ/潜在たまドラ☆闇ダメージ軽減
  • 50%:ぷれドラ/潜在たまドラ☆操作時間延長
  • 75%:ぷれドラ
  • 100%:たまドラ

私はちょっと水ピィ不足に陥ってるので今回は10%以内の安全圏内に入ったら終了します。

ヘラ・イース杯 パーティ編成

覚醒劉備パーティ

  • LF:覚醒劉備
  • サブ:超覚醒ゼウス・ディオス✕2、シルヴィ、アヴァロンドレイク

コンボ無視の完全スピード勝負編成です。編成の代替えとしてはシルヴィ→ペルセウス・アヴァロンドレイク→木ソニアでもOKですね。

そして私の編成の場合はラスト2回をディオスで抜けるのでスキブが最低12個は必要ですね。それを計算して組みましょう。またラストにイースがスキル封印を撃ってきます。私の編成は覚醒バッジを封印耐性50%をつけています。それでも90%になります。

ヘラ・イース杯 立ち回り

バトル1〜3

バトル1:【使用スキル・劉備】適当につなげて抜きます。

バトル2:【使用スキル・シルヴィ】木を適当につなげて回復1コンボを入れて抜きます。

バトル3:【使用スキル・劉備】適当につなげて抜きます。

バトル4〜5

バトル4:【使用スキル・アヴァロンドレイク】5コンボ以上になるように最低1列は入れて抜きます。

バトル5:【使用スキル・ディオス】花火で抜きます。

バトル6

バトル6:【使用スキル:ディオス】花火で抜きます。

今回の立ち回りでは2つの諦めるポイントがあります。バトル4の5コンボ以下吸収のところで列で平積みしたら5コンボの落ちコンなしの場合。そもそも操作時間が短縮されている状況なので1列と適当にコンボ確保したら運頼みという感じになります(笑)

そして最後のイースのスキル封印。ちょうどスクショを撮った時に初めて受けましたが、封印100%ではないのでスキル封印くらったら諦めます。

暫定順位の方は問題なく1パンを繰り返した場合ですが

ランキング

昨夜やった3回目の挑戦で10%以内の安全圏には入ることが出来ました。最大ダメージは花火で出ちゃうので(笑)あと残りタイムは200以上残ってました。

1%以内に入りたい方は更に超高速でいくかB1・2・3でコンボを稼ぐ必要がありますね。まぁそういう方はディオスでなく2色陣を詰めて行ったほうがいいかと思います。

予想ボーダーライン

10%以内はまぁ上手く私と同じようにパーティ組めればパズルの上手さはあまり関係なく運が良ければ入れます。1%以内となると135,000点くらいは必要になりそうだとTwitterでも話題になっていますね。現時点で約134,000点なので、ヘタするともっと上がるかも

だってお盆休みですから(笑)

まとめ

まぁ私は余りパズルは上手くないですし、それでも編成次第では10%には入れるということでこれで終了です。ネットではイルム最適だとかバステトエースだとか言われてますがパズルを得意としない方の覚醒劉備・ディオスで高速目指してみてください。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。