Ingress ポータルの申請方法

SPONSORED LINK

Ingress ポータル申請

私は香川県でしかも香川でも田舎の方に住んでいます。特に不便を感じてはいませんでしたが『Ingress』を最近初めて凄く敷居の高さに動揺しています。そうポータルが非常に少なく歩いてなんて到底出来ない。

数キロ車で走ってポータルがあるかないか程度では楽しみにくいですよね。そこでまずは自分の活動範囲だけでもポータルを充実させようと言うことでポータルの申請をアプリから行ってみました。

Ingressアプリによる現地でのポータル申請

まぁ特に難しい事もないのでサクッと手順を書いておきます。

ポータル申請手順

申請するポータルの前でIngressを起動させスキャナー画面を長押しします。そこでメニューが表示されるので右フリックの『NEW PORTAL』を選択します。

カメラが起動しポータルで申請するものを写真撮影。

各項目

  • MAP:地図タップで位置の微調整
  • NAME:ポータル名
  • DESCRIPTION:説明

説明はあってもなくてもいいようですが、歴史などがあれば書いておくと通りやすいかもしれません。

最後に『SEND』をタップして申請は完了です。

申請完了

この要領でこの日は自宅付近で3箇所申請してみました。申請後はIngressからGmailに申請受付のメールが届きます。

申請受付メール

まとめ

ポータル無ければ作ればいいじゃん♪そんなノリもIngressには必要かもしれませんね。自分で申請した場所がポータルになれば嬉しいでしょうし守りたくなるかも(笑)

逆を言えば「田舎住みだからこそのIngressの楽しみ方」がそこにはあるかもしれませんね。

Ingress
カテゴリ: ゲーム
価格: 無料(記事公開時)

APP STORE
最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。