スナイパー気分が味わえる超集中力が高まるゲーム『Hitman:Sniper』

SPONSORED LINK

Hitman

マニアックなゲームといいますか(笑)有料で1位になっているスクエニのゲーム『Hitman:Sniper』が単純ながら妙に面白くてハマってます。

ということで『Hitman:Sniper』を簡単にレビューしてみます。

Hitman:Sniperはこんなゲーム

バンバン撃ちあうようなゲームでなく、スナイパーの名前通りに遠く離れた場所からライフルを使ってターゲットを仕留めるゲーム。

凄い単純ですが、スコープを覗いてターゲット探しブレを考慮しながら射抜くのには物凄く集中力が必要!そしてターゲットを仕留めた時の達成感がハンパないです。

Hitman:Sniperの遊び方

ミッション

まずはミッション画面でターゲットと目的といった情報が表示されます。

スコープ

ミッション開始でスコープを覗いてまずはターゲットを探しましょう。勿論闇雲に探すのではなくスコープに表示されている赤◇がターゲットのいる方向を表しています。

ターゲット発見

ターゲットを発見したらターゲットに狙いを定めてタップして狙撃!

ミッション成功

ターゲットを無事仕留めるとミッションクリアになります。

報酬画面

ミッションクリア画面で報酬が支払われます。その報酬を使って更に良いライフルを手に入れたりというのがこのゲームの大雑把ですが流れになります。

結構難しいのがハマる

ミッション

当然の事ながらミッションはどんどん難しくなっていきます。やりこみ要素もそこそこありますし慣れるまでは頭を一発で射抜くのは結構難しかったりします。

外した時のターゲットの動きが結構リアルで、逃げた方向に先回りしたりとなかなかリアルで面白い。

本当に息を殺してといった感覚になってしまいます。

Hitman: Sniper
カテゴリ: ゲーム
価格: ¥120(記事公開時)

APP STORE

ちょっとした空き時間で出来るようなゲームなので多くの方におすすめできると思い記事にしました。私は暫くハマりそうです。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。