手袋市在住の私が失敗しないスマホ用レザー手袋購入のコツを教えます

SPONSORED LINK

スマホ用レザー手袋

私が住んでいる香川県東かがわ市は『手袋市』なんてプロモするほどの手袋の産地です。私の実家も手袋業を営んでいるくらい(笑)

そんな手袋市在住かつiPhoneオタクの私がスマホ用手袋を選ぶコツや購入時の注意点等をまとめてみます。


革手袋が人気の理由

ニット製の手袋と革製の手袋がありますが革製の手袋の方が人気が高いと言われています。

デザインや高級感だけでなくレザー手袋には実用的な利点があって、本革が使われてるものは滑りにくさとグリップ感がバツグンなのでiPhone落下のリスクが軽減されます。

落としにくいというのはスマホを手袋を履いたまま使うユーザーにとってはすごく重要だと思います。ニット素材の手袋にも今後滑り止めがついたり持ちやすさの改善はされていますが、現時点では革手袋の方がいいと思います。

スマホ用レザー手袋 購入時の注意

スマホ用革手袋

スマホを操作するために購入するのですから、快適に使うために手袋選びと購入する時に気をつけることが当然あります。

1.素材に注意

iPhoneを操作するためには導電性の糸が使われている必要があります。よくニット性のものに指先だけ色が変わっているのがその部分だけ導電性の糸を使っているからです。

革製品の場合は革に表面加工を施してあるものが重要なんですが、海外の粗悪な業者のものになると指先に液をちょっと塗っただけというものもあります。この場合スマホ操作が出来るのは2週間程度という事も

この表面加工の皮を見分けるというのは実は無理であまりに安いものは気をつける必要があるというのと、革製手袋を縫製している友人に聞いたところ「表面加工をすれば皮は黒っぽくなるので明るい色の皮は恐らく塗っているだけの可能性が高い」という事です。

2.サイズはしっかりと測り小さめのものを

革手袋購入時は手のサイズをしっかりと把握して注文する必要があります。特に重要な点を上げると

  • 指の長さ(特に人差し指・中指・親指
  • 手のひらまわり
  • グローブ総丈

指の付け根から指先までの長さよりも小さなサイズものを選ぶ必要があります。オーダーメイドでない限り本当にピッタリの手袋があるとは限りません。

革製の手袋は使っていくと伸びるので少し小さめのものを選んでください。

導電部の範囲は広いほうが良い

スマホが動かせる部分の範囲ですが、小さいよりは大きいほうがいいです。それは手袋を履いての操作は普段よりも当然し難いですし外でサッと動かせるという点を考えると可動部分が大きい方が捗ります。

2014AWスマホ手袋特集2014AWスマホ手袋特集
手袋のサイズの測り方等も書かれています。人気のレザー×ハリスツイード手袋も

まとめ

スマホの手袋選びには少し注意が必要ですが、これからの季節外出時に少しスマホで確認したい事もあると思います。どうせなら使いやすい手袋を購入してほしいということで記事にしました。

但し快適だからといって歩きスマホには注意しましょう(笑)

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。